オートレースで後払いする方法10個

近年はオートレースのネット投票環境も整ってきました。ネット投票における入金方法も豊富にあり、中でも人気なのが手元に資金がないときでも車券を購入できる後払いのオプションです。

この記事ではオートレースの投票に利用できる後払い方法、さらに後払いのオートレース投票におすすめのサイト、後払い利用時の注意点などを詳しく解説してみました。

オートレースに後払いで投票する方法

オートレースの投票に利用できる後払いには以下のような方法があります。

  • クレジットカード
  • メルペイスマート払い
  • スマホキャリア決済
  • みんなの銀行カバー機能
  • Paidy
  • ウルトラペイ
  • B/43
  • バンキット
  • バンドルカード
  • キャッシングやカードローン

それぞれの後払いオプションの特徴や利用できる投票サイトについて、詳しく解説します。

クレジットカード

クレジットカード
クレジットカード後払いが使える投票サイト
Gamboo BET
Auto Race.jp
WINTICKET
競単
チャリロト
Loto Place
AOKEIスタジアム
TIPSTAR

クレジットカードは最も一般的な後払いオプションです。VISA、JCB、マスターカードブランドならばほぼすべての投票サイトで利用できます。またJKA公式が運営するAutorace.jpではダイナースクラブブランドのクレジットカードでも投票可能です。

Autorace.jpではダイナースクラブブランドのクレジットカードでも投票可能

クレジットカードはきちんと利用代金の支払いに間に合えば余計な金利、手数料を取られないため、最もお得な後払い方法と言えます。

クレジットカードでの車券購入については、こちらの記事でも紹介しています。

関連記事

オートレースはクレジットカードが使える!クレカ決済で車券を購入する方法。オートレースの車券は様々な方法で購入できますが、最近はクレジットカード対応の投票サイトも増えてきました。この記事ではオートレースにクレジットカード投票する方法やクレジ[…]

オートレースはクレジットカードが使える!クレカ決済で車券を購入する方法

メルペイスマート払い

メルペイスマート払い
メルペイスマート払いが使える投票サイト
WINTICKET

メルペイスマート払いはメルカリユーザーが使える後払いオプションです。オートレースサイトでは唯一WINTICKETのみ対応していて、メルペイスマート払いによるチャージができます。

オートレースサイトでは唯一WINTICKETのみ対応

メルペイスマート払いは利用代金分を翌月末日までに返済するという後払いオプションです。クレジットカードと同様に期日内に返済すれば、余計な金利や手数料を負担することはありません。

しかし毎月1日に行われる利用可能額変更が非常に不安定という点はデメリットです。これまで数十万円の利用可能枠があったのに、いきなり上限100円まで減額されるというケースもあるので注意してください。

スマホキャリア決済

スマホキャリア決済
スマホキャリア決済が使える投票サイト
・Gamboo BET
・Win Ticket(auかんたん決済のみ)

スマホキャリア決済は利用代金をスマホやネットなどの代金と合算して後日支払う後払いオプションです。auかんたん決済、d払い、ソフトバンクまとめて支払いの3種類があり、Gamboo BETならばすべての方法を利用可能(デルカにチャージ)、WINTICKETならばauかんたん決済を利用できます。

各キャリア決済はいずれも最大10万円まで利用できますが、個々の契約期間や年齢、その他キャリア決済の利用状況によっても上限額は異なります。スマホの利用代金などと合わせて期日内にしっかりと返済しておけば、余計な手数料を支払う必要はありません。

キャリア決済での車券購入については、こちらの記事でも紹介しています。

関連記事

一部の公営ギャンブルはスマホのキャリア決済により入金(チャージ)や投票ができます。この記事ではどの公営ギャンブルでキャリア決済が使えるのか、また実際にキャリア決済で公営ギャンブルに賭ける手順について詳しく解説してみました。 キャリア[…]

キャリア決済が使える公営ギャンブルは?au、ドコモ、ソフトバンク対応

みんなの銀行カバー機能

みんなの銀行カバー機能
みんなの銀行カバー機能が使える投票サイト
・Gamboo BET
・Auto Race.jp
・Win Ticket
・チャリロト
・競単
・Loto Place
・AOKEIスタジアム

みんなの銀行カバー機能はデビットカードでの支払い時に最大5万円まで立て替えてくれる機能です。例えば残高が2万円の状態で4万円分をオートレースサイトにチャージした場合、不足する2万円分がカバー機能によって立て替えられます。口座残高は-2万円になるので、以降好きなタイミングで口座に2万円を入金しておけばOKという仕組みです。

最大5万円まで立て替えてくれる機能

みんなの銀行カバー機能は手数料無料、いつ返済しても良いというルールの緩さが好評を集めています。カバー機能を利用するには月額600円のプレミアムプランに契約する必要もありますが、現在は1年間無料、11月10日以降の登録でも6か月間は無料で利用可能です。

Premium(プレミアムサービス)を2022年11月10日までの登録で1年間無料、11月11日以降は6ヶ月間無料でご利用いただくことができます。
トライアル期間終了後は月額600円(税込)のサービス利用料が発生します。

みんなの銀行|プレミアムFAQ「Premium(プレミアムサービス)無料トライアルについて教えてください」

Paidy

Paidy
Paidy使える投票サイト
・Gamboo BET
・Auto Race.jp
・Win Ticket
・チャリロト
・競単
・Loto Place
・AOKEIスタジアム
・TIPSTAR

PaidyはVISAブランドの後払いサービスです。したがってVISA対応の投票サイトでは、Paidyでオートレースに投票することもできます。Paidyは1か月間で利用した分を翌月10日ころまでに支払うという後払いの仕組みです。

返済方法として口座振替を利用すれば、利子や手数料の負担も一切ありません。

口座振替を利用すれば、利子や手数料の負担も一切なし

万が一返済が苦しくなっても、手数料無料で分割払いを利用できるのが大きなメリットです。デフォルトでは利用可能額が3万円程度しかないものの、利用実績を積むことにより最大で30万円程度まで増額されるという口コミも見られます。

paidyでの車券購入については、こちらの記事でも紹介しています。

関連記事

Paidyでオートレースの車券を購入する方法。オートレースはネット投票ができる環境も整い、様々な方法で車券を購入できるようになりました。本記事では数ある後払い決済方法でも特に有名なPaidyを使ったオートレースの車券購入方法について、詳し[…]

Paidyでオートレースの車券を購入する方法

ウルトラペイ(利用できない可能性も)

ウルトラペイ
ウルトラペイが使える投票サイト
・Gamboo BET
・Auto Race.jp
・Win Ticket
・チャリロト
・競単
・Loto Place
・AOKEIスタジアム
・TIPSTAR

ウルトラペイはVISAブランドのプリペイドカードです。カードへのチャージオプションとして「こんど払いbyGMO」を利用することで、後払いでオートレースの車券購入をできます。

こんど払いbyGMOとは?

なお「こんど払いbyGMO」によるチャージを利用するには、本人確認手続きなどを行って「そとなカード+」を発行することが条件です。

そとなカード+

なお最近は多くのサイトでカード決済時に3Dセキュアが必須となっています。しかしウルトラペイに関しては3Dセキュアの必要な加盟店では利用できないので、必ずしもチャージできるとは限らない点に注意してください。

必ずしもチャージできるとは限らない

B/43

B/43
B/43が使える投票サイト
・Gamboo BET
・Auto Race.jp
・Win Ticket
・チャリロト
・競単
・Loto Place
・AOKEIスタジアム
・TIPSTAR

B/43はVISAブランドのプリペイドカードです。「あとばらいチャージ」という方法でチャージすることで、資金がゼロの状態からでもオートレースの車券購入ができます。「あとばらいチャージ」で利用した分の代金は、利用日の翌月末日までにコンビニで支払えばOKです。

ただし、登録当初のあとばらいチャージ可能額は3000円しかありません。まずはオートレース投票以外にもB/43で決済しながら利用実績を重ね、あとばらいチャージ上限額を増額することを目指しましょう。

バンキット

バンキット
バンキットが使える投票サイト
・Gamboo BET
・Auto Race.jp
・Win Ticket
・チャリロト
・競単
・Loto Place
・AOKEIスタジアム
・TIPSTAR

バンキットはVISAのプリペイドカードです。チャージオプションとして「おたすけチャージ」を利用すると、実質的に後払いでオートレースに投票できます。チャージの際に返済日を選択しておき、返済日までにバンキットにチャージすればOKという仕組みです。

本人確認を済ませて「おたすけチャージ+」を有効にすると、最大で50万円という高額の利用可能枠ももらえます。

最大で50万円という高額の利用可能枠

「手元に資金はないけど、なるべくオートレースに高額投票をしたい」と考えているときには、バンキットを活用するのがおすすめです。

バンドルカード

バンドルカード
バンドルカードが使える投票サイト
・Gamboo BET
・Auto Race.jp
・Win Ticket
・競単
・チャリロト
・Loto Place
・AOKEIスタジアム
・TIPSTAR

バンドルカードはCM放映などでもお馴染みのVISAブランドのプリペイドカードです。

チャージ方法として「ポチっとチャージ」を利用すれば、後払いでオートレースの車券を購入することができます。

ポチっとチャージ

ぽちっとチャージでチャージした分の代金は、翌月末までに返済すればOKです。しかし利用金額に応じて手数料を上乗せされる点には注意してください。

申込み金額手数料
3,000円 〜 10,000円510円
11,000円 〜 20,000円815円
21,000円 ~ 30,000円1,170円
31,000円 ~ 40,000円1,525円
41,000円 ~ 50,000円1,830円

キャッシング・カードローン

キャッシング・カードローン
キャッシング・カードローンが使える投票サイト
・Win Ticket
・オッズパーク
・Gamboo BET
・チャリロト
・Autorace.jp
・AOKEIスタジアム
・LotoPlace
・TIPSTAR
・競単

キャッシングやカードローンは現金を借り入れる方法です。借り入れた資金を銀行口座に入金すると、各種投票サイトに銀行振込でチャージできるようになります。すべての投票サイトは銀行振込でのチャージに対応しているので、キャッシングとカードローンはどのサイトでも利用できる後払いオプションということです。

ただしキャッシング、カードローンには最大18%程度の高い手数料がかかります。

最大18%程度の高い手数料

一括ではなくリボ払いや分割払いのオプションを選択している場合、全額返済するまでにかなり重い手数料負担になることもあるので注意してください。オッズパークなど銀行振込での入金しか利用できない投票サイトを除いては、なるべくキャッシングやカードローンの後払いオプションは利用しないのがおすすめです。

オートレースで後払いするのにおすすめの投票サイト

オートレースの後払い投票は多くのサイトで利用できます。中でも特におすすめサイトとして推したいのがGamboo BET、チャリロト、WINTICKETの3社です。それぞれの特徴を詳しく紹介します。

Gamboo BET

Gamboo BET

Gamboo BETはデルカにチャージすることでオートレースの投票ができます。デルカはクレジットカードとスマホキャリア決済による後払いチャージが可能です。

デルカはクレジットカードとスマホキャリア決済による後払いチャージが可能

デルカ加盟店でオートレースに投票できるのはGamboo BETしかありません。特にd払いとソフトバンクまとめて支払いはGamboo BETでしか使えないので、ドコモユーザーとソフトバンクユーザーは利用を検討してみましょう。

チャリロト

チャリロト

/最大3,000円分プレゼント中\
2023年2月28日まで

チャリロトは事前にチャリカにチャージすることでオートレースの車券を購入できます。チャリカへのチャージにはクレジットカードが利用可能です。デルカは1か月あたり10万円までしかクレジットカードでチャージできませんが、チャリカには1か月あたり60万円までチャージできます。

チャリカにチャージ

クレジットカードユーザーで「オートレースに高額投票したい」と考えている場合には、チャリロトを利用するのがおすすめです。

WINTICKET

WINTICKET

WINTICKETはサイバーエージェントグループにより運営されているオートレース投票サイトです。外部の電子マネーではなくWINTICKETに直接チャージができるので、初心者でも資金管理を簡単に行えます。

WINTICKETで利用できる後払いオプションは以下の通りです。

  • クレジットカード(VISA・JCB・マスターカード)
  • メルペイスマート払い
  • auかんたん決済

特に注目すべきはメルペイスマート払いに対応している点でしょう。競輪投票ならDMM競輪にもメルペイスマート払いで投票できますが、オートレースはWINTICKETでしかメルペイスマート払いが使えません。

オートレースの投票に後払いを利用するのは危険?

後払いは手元に資金がない時でもオートレースに投票できるため、利便性が高いチャージ方法として人気です。しかし便利さの裏にはいくつか危険性もある点はしっかりと理解しておく必要があります。

具体的にはオートレースの車券購入時に後払いを利用する危険性について、いくつか紹介します。

車券が外れても後払い利用代金を支払う必要がある

車券が外れても後払い利用代金を支払う必要がある

後払いでチャージした際、車券の的中可否にかかわらず後払いの利用代金は後日必ず支払う必要があります。プリペイドカードタイプだと手数料を上乗せされるケースも珍しくありません。

例えば1万円を後払いでチャージして、車券購入の結果2万5000円を出金できたとしましょう。しかし後日の支払いに備えて1万円は返済資金として残す必要があります。つまり実際には1万5000円しか自由に使えないということです。レースの結果として払戻金額が後払いの利用代金を下回った場合も、不足分は自分で工面して穴埋めする必要があります。

どの後払いオプションを利用するとしても「借金をしている」という点はしっかりと頭に入れておくことが大切です。

後払いでチャージした後は賭けないと出金できない

後払いでチャージした後は賭けないと出金できない

後払い機能により投票サイトにチャージした資金は、一切賭けないまま出金するということはできません。実際に銀行口座に出金できるのは、的中した車券の勝利金のみです。

一度チャージしたチャリカは返金や換金することはできません。

チャリカ|チャリカのチャージ方法

したがってチャージした後は必ず賭けを行う必要があります。有効期限は180日程度に定められているので、期限が切れないようになるべく早めに利用しましょう。そして賭けを行う必要があるということは、当然負けて資金を失うリスクもあるということです。

「利用代金分を確実に返済したい」と考えている場合は、大穴の車券ではなく、確実性がある低オッズの買い目で車券を購入しましょう。

返済が遅れると後払い機能が制限されるリスクがある

返済が遅れると後払い機能が制限されるリスクがある

オートレースの投票に後払いを利用した場合、指定された期日までにきちんと返済すれば何も問題ありません。しかし返済が1日でも遅れた場合には、後払いの利用可能額が減額されたり、そもそも後払いが利用できなくなったりするリスクもあります。

特にクレジットカードやキャッシング、スマホキャリア決済の返済が遅れると、信用情報が傷ついてその後の人生にも大きな悪影響を及ぼす可能性があるので注意してください。もちろん後払いが便利なことは間違いないですが、無理のない範囲で計画的に利用しましょう。