競馬はクレジットカードが使える!クレカ決済で馬券を購入する方法

競馬はクレジットカードが使える!クレカ決済で馬券を購入する方法。JRAダイレクトを利用すると、競馬の馬券購入にクレジットカードを利用できます。本記事ではJRAダイレクトでのクレジットカード投票方法やクレジットカード投票に際しての注意点などを詳しく解説してみました。

JRAダイレクトとは

「JRAダイレクト」とは、日本中央競馬会(JRA)が運営しているネット投票サイトです。JRA指定のクレジットカードを持っていれば、スマートフォン・パソコンから簡単に登録して、馬券を購入できるようになります。

クレジットカード情報を入力することの不安を感じる人もいるかもしれませんが、JRAが公式に運営しているサイトなので安心できますね。

競馬でクレジットカードを使うためには予めJRAダイレクトに登録する必要があります。そしてJRAダイレクト経由で馬券を購入することで、クレジットカード投票が可能です。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

実際にJRAダイレクトでクレジットカード投票をする際の手順は大まかに8ステップあります。

  1. JRAダイレクト公式サイトで「利用者登録をする」をタップ
  2. 約定に同意
  3. クレジットカードの登録
  4. カード情報を入力・認証
  5. 利用者情報を登録
  6. 入力内容の確認
  7. 実際に馬券を購入する(自動でクレジットカード決済)
  8. 払い戻し金がクレジットカードの利用代金支払い口座に振り込まれる(月曜日以降)

手順について、ステップごとに解説します。

STEP①JRAダイレクト公式サイトで「利用者登録をする」をタップ

JRAの公式サイトにアクセスしたら、「即PAT・JRAダイレクト 新規登録」→「JRAダイレクト新規登録に進む」をタップしてください。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順
JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

そしてJRAダイレクトの申し込み画面にて「利用者登録をする」をタップします。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

STEP②約定に同意

すると約定が表示されます。全文をしっかりと読んだ上で「約定に同意する」にチェックを入れて、送信をタップしてください。ちなみに約定は全文を最後まで読まないと、同意にチェックを付けられません。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

STEP③クレジットカードの登録

次にクレジットカードを登録します。利用したいクレジットカード会社を1つ選択した上で、「送信」をタップしてください。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

STEP④カード情報を入力・認証

選択したカード会社に応じてカード情報の入力や認証を求められます。必要事項をすべて正しく入力してください。

STEP⑤利用者情報を登録

続いて以下の個人情報を入力します。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 暗証番号(4桁)

いずれの情報も正しく入力してください。特に名義が先ほど登録したクレジットカードと異なる場合、クレジットカード投票はできなくなります。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

STEP⑥入力内容の確認

最後に入力した内容に関して確認を求められます。問題なければ「次へ」を、間違いがある場合は「戻る」をタップして、情報を再登録し直してください。以上でJRAダイレクトの登録手続きは完了です。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

利用者番号、P-ARS番号は投票の際に必要になるので、スクショを撮影したりメモを取ったりして忘れないようにしておきましょう。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

STEP⑦実際に馬券を購入する(自動でクレジットカード決済)

後は実際に投票しましょう。JRAダイレクトにログインしたら、「通常投票」「オッズ投票」「WIN5投票」からいずれか好きな投票方法を選びます。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

そして賭けたい馬を選び、馬券購入金額を入力してください。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

するとカード側で追加認証が求められるので、各カード会社に応じて必要情報を入力します。以下のような画面が表示されれば、クレジットカードでの馬券購入は完了です。

JRAダイレクトでクレジットカード投票(馬券購入)する手順

STEP⑧払い戻し金がクレジットカードの利用代金支払い口座に振り込まれる(月曜日以降)

実際に投票した馬券が的中した場合には払い戻し金がもらえます。そして払い戻し金は原則として月曜日にクレジットカードの利用代金支払い口座に振り込まれるという流れです。

JRAダイレクトで中央競馬にクレジットカード投票する際のルール

JRAダイレクトで競馬にクレジットカード入金する場合には、いくつか知っておきたいルールや注意点があります。

クレジットカード投票ができる競馬レースは中央競馬のみ

クレジットカード投票ができる競馬レースは中央競馬のみ

JRAダイレクトのサイトでクレジットカード投票ができるのは週末開催の中央競馬のレースのみです。残念ながら地方競馬のレースには賭けられません。

また他の地方競馬投票サイト(楽天競馬、即PAT、SPAT4、オッズパーク)はいずれもクレジットカード投票に非対応です。地方競馬のレースでネット投票をしたければ、各投票サイトで対応している銀行口座を開設しておく必要があります。

JRAダイレクトには投票可能時間しかアクセスできない

JRAダイレクトには投票可能時間しかアクセスできない

JRAダイレクトのサイトにアクセスできるのは投票可能時間帯のみです。具体的には金曜日の18時半から土曜日の17時25分、および土曜日の19時半から日曜日の最終レース投票締め切り時刻のみアクセスできます。

JRAダイレクトには投票可能時間しかアクセスできない

投票可能時間帯以外の時間帯にJRAダイレクトにアクセスしても、上記のようなメッセージが表示されてしまいます。JRAダイレクトのアカウント登録やクレジットカードの登録についても、レース開催時間帯にしか手続きできないという点に注意してください。

利用できるクレジットカードは限られている

利用できるクレジットカードは限られている

JRAダイレクトで投票に使えるクレジットカードは、JRA指定のカードのみです。具体的には以下7種のクレジットカードのみ、中央競馬の馬券購入に利用できます。

利用できるクレジットカードは限られている

JRA指定以外のカードのほか、JRA指定のカードでも以下の種類のカードは登録できません。

  • デビットカード
  • 本人名義以外のカード
  • カード代金引き落とし口座と名義が異なるカード
  • 家族カード
  • 法人カード
  • 提携カード

登録できるクレジットカードは1人につき1枚まで

登録できるクレジットカードは1人につき1枚まで

JRAダイレクトで登録できるクレジットカードは1人につき1枚までと定められています。複数のカードを併用して投票するということはできないので注意してください。

登録できるクレジットカードは1人につき1枚まで

カードを変更したい場合は登録済みのカードを削除する必要あり

これまでとは異なるクレジットカードで投票したい場合には、既に登録済みのクレジットカードを一旦削除してから新しいカードを登録する必要があります。

切り替え前のクレジットカードで登録したJRAダイレクトを解約後、切り替え後のクレジットカードで新たにJRAダイレクトの利用者登録を行ってください。

JRAダイレクトよくある質問

また元々登録していたカードの有効期限が更新されたり、利用代金支払い口座が変更されたりした場合にも、JRAダイレクト側で情報変更の手続きを済ませる必要があります。

馬券購入1回につき100円のシステム手数料が発生する

馬券購入1回につき100円のシステム手数料が発生する

JRAダイレクトでクレジットカード投票する際は、1回の投票につき100円のシステム手数料が取られます。例えば3000円分の馬券を購入した場合には、3100円を支払う必要があるということです。

システム手数料は毎回取られるので、なるべく馬券の購入回数を少なくすることをおすすめします。ただし1回あたり購入できる馬券の枚数は最大50枚であるという点にも注意してください。

馬券購入1回につき100円のシステム手数料が発生する

1回あたりの最低購入金額は1000円(システム手数料を除く)

1回あたりの最低購入金額は1000円(システム手数料を除く)

競馬の馬券購入は通常100円からできますが、JRAダイレクトでクレジットカード投票する場合は最低でも1000円で購入する必要があります。システム手数料は含まれないので、1回あたり最低でも1100円以上の支払いが必要になるということです。

1か月あたりの利用限度額は10万円(システム手数料を含む)

1か月あたりの利用限度額は10万円(システム手数料を含む)

JRAダイレクトでのクレジットカード投票は1か月あたり10万円が上限です。システム手数料も含めて10万円が上限なので、実質的には9万8000円程度が馬券購入額の上限となります。ただしクレジットカード側の利用可能額が10万円未満の場合には、当然カードの利用可能額の範囲内でしか中央競馬に投票できません。

利用するカードには事前に3Dセキュア(本人認証サービス)を設定する必要あり

利用するカードには事前に3Dセキュア(本人認証サービス)を設定する必要あり

JRAダイレクトではクレジットカードの不正利用防止対策のために、3Dセキュアが導入されています。

JRAダイレクトの本人認証システムでは、クレジットカードの不正利用防止のため、EMV3Dセキュア(3Dセキュア2.0)を導入しています。

引用:「パスワード」が分からない(JRAダイレクト公式)

したがってカード情報を入力しただけで決済完了とはならず、利用するカードに応じて追加の認証を求められるという点に注意してください。各カードに応じてそれぞれ以下の情報を入力することで追加認証をクリアできます。

カードの種類追加認証で必要な情報
JCBカードMy JCBのログインパスワード
三井住友カードVpassのログインパスワード
UCカードアットユーネットのログインパスワード、もしくはSMSやEメールで発行されるワンタイムパスワード
MUFGカードMUFG WEBカードサービスのログインIDとパスワード
DCカードDC WebサービスのログインIDとパスワード
NICOSカードNet BranchのログインIDとパスワード
楽天カード本人認証サービスで設定したパスワード

原則として各カードのインターネット会員サイトに登録したり、本人認証サービスを設定したりしないと正しく投票できないこともあるので注意が必要です。

馬券購入時のカード決済方法は一括払いのみ(分割やリボは不可)

馬券購入時のカード決済方法は一括払いのみ(分割やリボは不可)

JRAダイレクトでクレジットカード投票する際は、一括払いのみ利用できます。分割払いやリボ払いのオプションは選択できません。

カード会社側で支払い方法の変更は可能

JRAダイレクト側では支払いオプションを選べないものの、決済が完了した後にクレジットカード側で支払い方法を変更することはできます。

馬券購入時のカード決済方法は一括払いのみ(分割やリボは不可)

高額で馬券を購入したものの大負けしてしまって返済する余力が残っていないというような場合には、負担を軽減するために支払い方法を変更するのも1つの手です。しかしリボ払い、分割払いとも基本的にはかなり高レートの手数料がかかります。

馬券購入時のカード決済方法は一括払いのみ(分割やリボは不可)

一時的には支払いが猶予されても、トータルで見ると当初と比べてかなり高額の支払いをしなければならなくなるという点はしっかりと理解しておきましょう。

クレジットカード投票で的中した際の払い戻し金は次の馬券購入に利用できない

クレジットカード投票で的中した際の払い戻し金は次の馬券購入に利用できない

クレジットカードで投票した馬券が的中した後の払い戻し金は、土曜日と日曜日の分をまとめて月曜日以降にクレジットカードの利用代金支払い口座に振り込まれます。つまり払い戻し金をそのまま次のレースのベットに利用することはできないということです。

土曜日と日曜日に的中した払戻金はまとめて、「クレジットカードのご利用代金お支払い口座」へお振込みいたします。そのため、払戻金で次のレースの勝馬投票券をご購入いただくことはできません。

JRAダイレクト「払戻金は、いつどのようにして受け取るの?」

したがって次のレースで賭ける際には、再度クレジットカードで決済する必要があります。どうしてもクレジットカード投票で的中した払い戻し金を馬券購入に利用したい場合には、銀行口座への振込が完了した後、今度は即PATに銀行振込で入金するようにしてください。

金融機関ごとの振込スケジュール

クレジットカード投票で獲得した払い戻し金の振込スケジュールは、金融機関によって以下の通り定められています。

銀行名曜日
三菱UFJ銀行月曜日
三井住友銀行月曜日
みずほ銀行月曜日午前中
PayPay銀行月曜日午前中
ゆうちょ銀行火曜日
その他の金融機関月曜日

最短で振り込まれるのはみずほ銀行とPayPay銀行、一方でゆうちょ銀行は火曜日まで振り込まれないということを知っておきましょう。

まとめ

本記事では、JRAダイレクトでのクレジットカード投票方法やクレジットカード投票に際しての注意点などを詳しく解説してきました。中央競馬であればクレジットカードでの馬券購入が可能になります。しかし、最低購入金額が1000円からであったり、購入ごとに100円のシステム手数料がかかったりするので、まとめて馬券を購入するといいかもしれません。クレジットカードは手元に資金がなくても馬券を購入できますが、使いすぎには十分注意しましょう。