公営ギャンブルで後払いはできる?後払いが使える公営競技

PR

公営ギャンブルの後払いについて解説します。競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじなどの公営競技で後払い決済できるのか?どんな決済方法が使えるか?をまとめました。

後払いが使える公営ギャンブル

公営ギャンブルでは後払い決済を利用できます。
使える決済方法と、対応している公営ギャンブルをまとめました。※名前をタップすると詳細が読めます。

右にスクロールできます→
 競輪オートレース中央競馬地方競馬競艇
クレジットカード
PayPayクレジット
(旧:PayPayあと払い)
メルペイのあと払い
(旧:メルペイスマート払い)
auPAY
auかんたん決済
d払い
ソフトバンクまとめて支払い

使えない可能性が高い後払い決済

以下は、公営ギャンブルサイト側の規制により、現在は使えない可能性がある決済手段です。
Kyash、atone、ペイディ、ウルトラペイ、バンドルカード、スマートペイ、バンキットカード、B/43、みんなの銀行

競輪・オートレースが多くの後払い決済に対応しています。競馬は、クレジットカードのみ対応です。

競艇(ボートレース)は、後払いできる決済方法が使えません。

ここからは、それぞれの公営ギャンブルの後払い決済について詳しく解説します。

競輪で使える後払い決済

競輪で使える後払い決済

競輪は、クレジットカード、後払い決済サービス、スマホキャリア決済などの後払い決済に幅広く対応しています。

後払い方法対応状況
クレジットカード
PayPayクレジット
(旧:PayPayあと払い)
メルペイのあと払い
(旧:メルペイスマート払い)
auPAY
auかんたん決済
d払い
ソフトバンクまとめて支払い
関連記事

競輪のネット投票では様々な入金方法を利用できます。数ある入金方法の選択肢の1つとなるのが後払いです。この記事では競輪投票でどんな後払い方法が使えるのか、また実際に後払いで投票する際の注意点について、詳しく解説してみました。 競輪に後[…]

競輪で後払いする方法

競輪で後払いするには、ネットの投票サイトを利用します。

ただし、投票サイトによって対応している決済方法が違うため、後払いが使えないこともあります。

後払いが使える競輪投票サイト

後払いが使える競輪投票サイトをまとめました。全部で9サイトあります。

右にスクロールできます→

後払い方法ウィンチケット
ウィンチケット
Kドリームス
Kドリームス
ギャンブーベットギャンブーベットTIPSTAR
TIPSTAR
DMM競輪
DMM競輪
チャリロト
チャリLOTO
みんなの競輪みんなの競輪ロトプレイスロトプレイスAOKEIスタジアムAOKEIスタジアム
クレジットカード
PayPayクレジット
(旧:PayPayあと払い)
メルペイのあと払い
(旧:メルペイスマート払い)
auPAY
auかんたん決済
d払い
ソフトバンクまとめて支払い

オートレースで使える後払い決済

オートレースで使える後払い決済

オートレースは、クレジットカード、後払い決済サービス、スマホキャリア決済などの後払い決済に幅広く対応しています。

後払い方法対応状況
クレジットカード
PayPayクレジット
(旧:PayPayあと払い)
メルペイのあと払い
(旧:メルペイスマート払い)
auPAY
auかんたん決済
d払い
ソフトバンクまとめて支払い
関連記事

近年はオートレースのネット投票環境も整ってきました。ネット投票における入金方法も豊富にあり、中でも人気なのが手元に資金がないときでも車券を購入できる後払いのオプションです。 この記事ではオートレースの投票に利用できる後払い方法、さら[…]

オートレースで後払いする方法

オートレースで後払いするには、ネットの投票サイトを利用します。

ただし、投票サイトによって対応している決済方法が違うため、後払いが使えないこともあります。

後払いが使えるオートレース投票サイト

後払いが使えるオートレース投票サイトをまとめました。

右にスクロールできます→
後払い方法ウィンチケット
ウィンチケット
ギャンブーベット
ギャンブーベット
TIPSTAR
TIPSTAR
チャリロト
チャリLOTO
ロトプレイス
ロトプレイス
AOKEIスタジアム
AOKEIスタジアム
クレジットカード
PayPayクレジット
(旧:PayPayあと払い)
メルペイのあと払い
(旧:メルペイスマート払い)
auPAY
auかんたん決済
d払い
ソフトバンクまとめて支払い

競馬で使える後払い決済

競馬で使える後払い決済

競馬は、クレジットカードに対応しています。

ただし、どのクレジットカードでも利用できるわけではなく、指定のクレジットカードのみ利用可能なので、注意が必要です。

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカード
  • 楽天カード

ただし、クレジットカードが使えるのは「中央競馬」だけです。「地方競馬」は後払い決済には対応していません。

あわせて読みたい

同じ競馬でも、中央競馬と地方競馬には大きく違う点があります。本記事では、中央競馬と地方競馬の違い、特徴をそれぞれ比較し解説していきます。違いを理解した上で、どちらを利用するか選ぶときの参考にしてください。 中央競馬と地方競馬の違い […]

中央競馬と地方競馬の違い7つ!特徴を比較して解説

後払いが使える競馬投票サイト

競馬にクレジットカードで投票するには「JRAダイレクト」というサイトを使います。

JRAダイレクトとは

JRAダイレクトは、中央競馬の投票サイトです。JRA指定のクレジットカードを持っていれば、ネットから馬券を購入できます。

関連記事

競馬のネット投票ならば、手元にお金がなくても後払いオプションを使うことで馬券を購入できます。この記事では競馬で使える後払いオプションや後払い利用時の注意点などについて、詳しく解説してみました。 競馬で後払いできるのはJRAダイレクト[…]

競馬で後払いする方法

ボートレース(競艇)で使える後払い決済

ボートレースで使える後払い決済

ボートレース(競艇)は基本的に後払い決済には対応していません。舟券をネットで購入する場合は、銀行口座と連携する必要があります。

公営ギャンブルで使える後払い決済方法

公営ギャンブルでは様々な後払い決済を利用できます。具体的にどのような後払い決済を利用できるのか、それぞれの特徴と共に詳しく解説します。

クレジットカード

クレジットカード
限度額50〜100万円
手数料なし
利子なし
審査あり

クレジットカードは最も有名な後払い決済です。
カードで決済すると、カード会社が資金を立て替えてくれます。

そして決済の締め日から1~2ヶ月ほど後に、自動的にカード会社に返済されるというシステムです。
支払いは、登録した銀行口座から行われます。

公営ギャンブルでは主にVISA、JCB、マスターカードの3ブランドが利用できます。

クレジットカードで公営ギャンブルに賭ける場合、決済金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるのもメリットです。

こちらの記事では、クレジットカードが使える公営ギャンブルについて紹介しています。

あわせて読みたい

クレジットカードが使える公営ギャンブルは競馬、競輪、オートレースの3つです。競艇(ボートレース)では使えません。 ギャンブル利用可能額/月使えるサイト競輪10万円~60万円以上※サイトによって違う>詳細はこちらオートレース10万円~[…]

クレジットカードが使える公営ギャンブル4選

スマホキャリア決済

スマホキャリア決済
限度額2,000円〜100,000円
手数料なし
利子なし
審査なし

スマホキャリア決済は、公営ギャンブルの投票に使ったお金を、後日、スマホの利用代金に加算して支払われるというシステムです。

スマホキャリアによって「d払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」と呼ばれます。

また、d払いならdポイント、auかんたん決済ならPontaポイント、ソフトバンクまとめて支払いならソフトバンクポイントの還元をそれぞれ受けられるのも魅力です。

こちらの記事では、それぞれのキャリア決済が使える公営ギャンブルを紹介しています。参考にしてください。

関連記事

d払いは、公営ギャンブルのネット投票サイトで使えます。通常のd払いと同じように「スマホ電話料金合算払い」「d払い残高」「dポイント」で支払い可能です。 現在、d払いが利用できるのは競輪、オートレース、宝くじ、スポーツくじの4つだけで[…]

d払いが使える公営ギャンブル
関連記事

auかんたん決済(通信料金合算支払い)でできるギャンブルは競輪、オートレース、宝くじ、スポーツくじの4つです。競馬、ボートレース、パチンコ、パチスロでは使えません。 ギャンブル利用可能額/月使えるサイト競輪100,000円ま[…]

auかんたん決済が使える公営競技2選
関連記事

ソフトバンクまとめて支払いが使える公営ギャンブル2選。公営ギャンブルには、ソフトバンクまとめて支払いで投票できるものがあります。ここでは、ソフトバンクまとめて支払い対応の公営ギャンブルと、実際の購入手順を紹介します。 ソフトバンクま[…]

ソフトバンクまとめて支払いが使える公営競技2選

みんなの銀行カバー機能

みんなの銀行
限度額5万円
手数料なし
利子なし
審査あり

みんなの銀行を利用して公営ギャンブルに賭ける際は、デビットカードを利用します。デビットカードを使ってみんなの銀行の口座から決済金額分を即時引き落とすという形式です。そして、みんなの銀行には「カバー」という機能があります。

みんなの銀行 カバー

カバーは口座残高が不足した際に、最大で5万円まで立て替えてもらえるという機能です。したがってみんなの銀行の口座残高が0円でも、5万円までなら公営ギャンブルに賭けることができます。しかも利息なし、支払期日なしという超好条件の後払い機能です。

みんなの銀行 カバー

みんなの銀行デビットカードはJCBブランドなので、JCB対応の公営ギャンブルでの賭けに利用できます。

メルペイスマート払い

メルペイ
限度額10万円程度
手数料なし
利子なし
審査なし

メルペイスマート払いはメルペイの後払いオプションです。DMM競輪とWINTICKETのチャージ方法としてメルペイスマート払いを利用できます。メルペイスマート払いの決済金額は翌月末までに返済すればOKなので、支払いスケジュール的にも余裕があります。

また、実際のカードが発行されないメルペイバーチャルカードがあります。メルペイバーチャルカードはマスターカードブランドのカードなので、マスターカード対応の投票サイトにてクレジットカード決済も可能です。
メルペイバーチャルカードとは?

こちらの記事では、メルペイが使える公営ギャンブルを紹介しています。参考にどうぞ。

関連記事

メルペイは、公営ギャンブルに投票するときの支払いに使えます。ここでは、メルペイに対応している公営ギャンブルと、ネット投票サイトを紹介しています。 メルペイが使える公営ギャンブル 公営ギャンブルのうち、メルペイで投票でき[…]

メルペイが使える公営ギャンブル2選

こちらの記事では、ウィンチケットをピックアップしてメルペイを使う方法を紹介しています。参考にしてください。

関連記事

ウィンチケットには、さまざまな決済方法があります。その中でも、メルペイを使う方法を紹介します。参考にしてください。 ウィンチケットでメルペイを使う方法 ウィンチケットでのメルペイを使う方法を紹介していきます。 ト[…]

ウィンチケットでメルペイを使う方法

Paidy

Paidy
限度額3〜20万円程度
手数料なし
利子なし
審査あり

PaidyはVISAブランドのバーチャルカードです。したがってVISAカードに対応している投票サイトでは、Paidyを使ってあと払いで公営ギャンブルに賭けることができます。

Paidyはアプリをダウンロードして、メールアドレスと電話番号を登録するだけで利用可能という手軽さが売りです。あと払いの限度額は定められておらず、個々のユーザーのPaidy利用実績や信用スコアなどによって変動します。

ご利用上限金額の表示がないお客様の上限金額は、お申し込みの都度変動いたします。

引用:ペイディ よくあるご質問

こちらの記事では、Paidyが使える公営ギャンブルについて紹介しています。

関連記事

公営ギャンブルの中には、Paidy(ペイディ)を使って投票できる競技があります。後払いで賭けられるので便利です。ここでは、Paidyに対応している公営ギャンブルと、実際の使い方を紹介しています。 Paidyが使える公営ギャンブル […]

Paidyが使える公営ギャンブル◯選

Kyash

Kyash
限度額3〜5万円
手数料500円〜
利子なし
審査なし

KyashはVISAブランドのプリペイドカードです。「イマすぐ入金」というオプションを使ってプリペイドカードにあと払いでチャージ可能です。「イマすぐ入金」は1回あたり3000円から5万円までチャージ可能です。

申し込みできる金額はいくらですか?
1回につき、3,000円~50,000円です。必要な分だけ、少額から申込可能です。

引用元:Kyash よくあるご質問

しかし、「イマすぐ入金」は、入金額に応じて最低500円から手数料が発生するデメリットがあります。その点も十分理解しておきましょう。

「イマすぐ入金」の手数料について

またKyashはポイントプログラムもあります。公営ギャンブルでもKyashでの決済をするごとにポイント還元を受けられるのも魅力です。「ある程度まとまった金額を公営ギャンブルに投じたい」と考えている場合には、ポイント還元を受けられるKyashを利用してみる価値もあります。

こちらの記事では、Kyashが使える公営ギャンブルを紹介しています。参考にどうぞ。

関連記事

Kyash(キャッシュ)はVisaのプリペイドカードで、いつでもどこでも、かんたんにお支払いができます。競馬や競輪などの公営ギャンブルで使えるのでしょうか。この記事では、Kyashが使える公営ギャンブルの紹介と、注意点を解説していきます。[…]

Kyashが使える公営ギャンブル一覧

こちらの記事では、ウィンチケットをピックアップしてKyashを使う方法を紹介しています。参考にしてください。

関連記事

ウィンチケットには、さまざまな方法で入金・チャージすることができます。Kyash(キャッシュ)はウィンチケットで使えるのでしょうか。検証して紹介していきますので、参考にしてください。 ウィンチケットでKyash(キャッシュ)は使える[…]

ウィンチケットでKyash(キャッシュ)は使える?

バンドルカード

バンドルカード
限度額3000円〜5万円
手数料510円〜
利子なし
審査なし

バンドルカードもVISAブランドのプリペイドカードです。プリペイドカードへのチャージ方法として「ポチっとチャージ」を選択すれば、後払い機能を利用できます。返済期日はチャージした翌月末までです。

「ポチっとチャージ」の利用上限額は3000円から5万円でユーザーの利用状況によって決まります。

ポチっとチャージの申込み上限額は 3,000円〜50,000円 内の金額で設定されます。

引用:ポチっとチャージ申込み上限額について

また、「ポチっとチャージ」は、入金額に応じて最低510円から手数料が発生するデメリットがあります。その点も十分理解しておきましょう。

「ポチっとチャージ」の手数料について

2022年6月には3Dセキュア対応となったことで、以前は不安視されていた安全面も大きく改善されました。

こちらの記事では、バンドルカードが使える公営ギャンブルを紹介しています。参考にどうぞ。

関連記事

誰でも簡単に作れるVisaプリペイドカードのバンドルカード。競馬や競輪などの公営ギャンブルで使えるのでしょうか。この記事では、バンドルカードが使える公営ギャンブルの紹介と、注意点を解説していきます。 バンドルカードが使える公営ギャン[…]

バンドルカードが使える公営ギャンブル

こちらの記事では、ウィンチケットをピックアップしてバンドルカードを使う方法を紹介しています。参考にしてください。

関連記事

ウィンチケットには、さまざまな方法でで入金・チャージすることが可能です。バンドルカードは、ウィンチケットに対応しているのでしょうか。詳しく解説していきますので、参考にしてください。 ウィンチケットでバンドルカードは使える? […]

ウィンチケットにバンドルカードで入金する方法

公営ギャンブルで使えるキャッシング

公営ギャンブルでは、クレジットカードやキャリア決済などの後払いの他に、実際にお金を借りるキャッシングという方法もあります。

キャッシングには、クレジットカードのキャッシングとカードローンの2種類があります。キャッシングを使えば、現金を借りられるので、事実上どの公営ギャンブルにも対応できます。

キャッシングとは

キャッシングとは
限度額10〜100万円
手数料なし
利子あり
審査あり

クレジットカードには、買い物などで使えるショッピング枠と、ATMなどから現金を借りられるキャッシング枠があります。キャッシング可能額は、だいたい10万円〜100万円ほどです。以下のエポスカードのNetキャッシングの例では、利用可能枠が50万円となっています。

キャッシング 利用可能額

返済額には金利が上乗せされてしまうので、実際の借りた金額よりも少し高額になってしまいます。注意が必要です。

カードローンとは

カードローンとは
限度額1000万円
手数料なし
利子あり
審査あり

カードローンは、キャッシングと似ているサービスですが、大きく金利と利用限度額が大きく異なります。

金利はキャッシングよりも低めに設定されていて、利用限度額も最大1,000万円まで設定されている場合も多く、より高額な借り入れが可能です。まとまったお金が必要な場合は、カードローンをおすすめします。

カードローン 利用可能額

キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリットは大きく2つあります。

金利がかかる

金利がかかる

キャッシングには金利がかかってしまいます。実際に借りた金額よりも少し高い金額を返済することになります。カードローンの方が金利が低いとはいえ、返済が長期に渡るとその分、金利がかかってしまうので注意が必要です。

他の審査に影響

他の審査に影響

キャッシングをしていると、他のローン審査に影響してしまいます。カーローンや住宅ローンが必要なときは、その人に返済能力があるか審査をします。キャッシングをしていると「この人はお金に困っているのか?」というイメージを持たれてしまい、審査に通らないかもしれません。

もし、車や自宅の購入予定があり、ローンを組むつもりであれば、キャッシングを利用しない方がいいでしょう。

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットは大きく2つあります。

すぐに現金が手元に

すぐに現金が手元に

キャッシングのメリットとしては、すぐに現金が手に入るということです。急な出費や、大きい買い物のときに必要な現金をATMなどから簡単に準備することができます。ただ、返済しなければならないお金なので、気をつけて利用しましょう。

使い道は自由

使い道は自由

キャシングで借りたお金は、利用目的は決められていません。カーローンや住宅ローンなどは、使い道が決められています。PayPayなどの決済サービスの後払いも、PayPayが使えない場所では使えません。

その点、キャッシングは自由に使える現金を借りられるので、さまざまなシーンで利用できます。

公営ギャンブルで後払いするときの注意点

公営ギャンブルで後払いするときに注意しなければならないことがありますので、確認しておきましょう。

投票サイトによっては決済が通らないことがある

投票サイトによっては決済が通らないことがある

それぞれの公営ギャンブルで使える後払い方法を紹介してきましたが、投票サイトによっては決済が通らない場合があります。カードと投票サイトとの相性が悪いなど、何らかの原因で、エラーが出てしまいます。

決済に失敗したとしても、支払われずに返金されるので安心してください。

入金後にすぐ出金はできない

入金後にすぐ出金はできない

投票サイトへの入金は、基本的に馬券や車券を買うために入金します。馬券や車券を買って、投票して、当たったときに払戻金となって受け取れます。そのような一連の流れになっているので、入金したら、投票せずにそのまま出金することはできません。

投票サイトへの後払い入金は、後で支払える範囲で入金しておきましょう。

分割払いはできない

公営ギャンブルの後払いでは、分割払いはできません。一括払いのみ対応です。

手数料や利子が発生する決済方法がある

手数料や利子が発生する決済方法がある

投票サイトへの入金に、後払いを使うと手元に資金がなくても、馬券や車券を購入することはできます。しかし、その資金は後で返済しなければなりません。借りたお金をそのままの金額で返済するわけではなく、そこに手数料や利子が上乗せされます。

そのため、借りた金額よりも返す金額の方が増えてしまいます。きちんと理解しておきましょう。

まとめ

本記事では、公営ギャンブルで使える後払い決済について紹介してきました。中央競馬・競輪・オートレース・宝くじでは、様々な種類の後払い決済に対応しています。地方競馬・競艇では、ほとんど後払い決済に対応していません。

後払い決済を使えば、手元に資金がない時でも公営ギャンブルを楽しむことができます。しかし、それは借金をしているということと同じなので十分な注意が必要です。

思いつきで後払い決済を利用するのではなく、計画的によく考えて利用するようにしましょう。

ギャンブルで使える後払い方法を、決済手段別にまとめた記事は以下になります。あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

ギャンブルでは以下の後払い方法を使えます。 後払い対応ギャンブル主なサイト>クレジットカード競輪、オートレース、競馬、宝くじ、スポーツくじウィンチケット、JRAダイレクト、Club toto、チャリロト、Autorace.jpなど>[…]

ギャンブルで使える後払い決済方法10選【2024年最新】