公営ギャンブルの売上ランキング【2024年最新】売上順位と推移を公開

PR

公営ギャンブルの売上を比較してランキングにしました。また、各公営競技の過去の売上推移や、競技場ごとの売上ランキングもまとめています。

公営ギャンブルの売上比較ランキング

公営ギャンブルの売上を比較して、多い順に並べました。現在公開されている2022年度(令和4年)の最新数値で比較しています。

公営競技売上前年比参考資料
中央競馬3兆2539億円105.30%JRA
競艇2兆4142億円100.90%全国モーターボート競争施行者協議会
競輪1兆907億円113.07%公営財団法人JKA
地方競馬1兆703億円107.80%地方競馬全国協会
オートレース1075億円104.10%産経新聞
パチンコ2兆5802億円102.30%経済産業省
宝くじ8133億円
(2021年度)
99.66%宝くじ公式サイト

※公営競技の公式団体の発表や、新聞社の公開データを参考
※宝くじの2022年度の情報はまだ公開されていないので、2021年度分

中央競馬と地方競馬は、主催する管轄団体が違うので、分けて紹介しています。

また、パチンコと宝くじは、厳密には公営ギャンブルではないですが、比較として含めています。

すべての公営ギャンブルで売上が伸びています。特に、地方競馬・競輪では1兆円の大台に乗りました。

公営ギャンブルの売上が伸びている理由

公営ギャンブルの売上が伸びている理由は、大きく3つあります。

売上増加の理由

  1. コロナ禍による巣ごもり生活が追い風になった
  2. ネットや電話での投票システムの普及
  3. CMやホームページなどでの広報活動の成功

売上増加の理由1.
コロナ禍による巣ごもり生活が追い風になった

1つ目は、コロナ禍による巣ごもり生活が追い風になったことです。

2020年3月頃は、イベント自粛の流れのため、一時的に売上が下がりました。しかし、その後2ヶ月ほどで、公営ギャンブル全体の売上が以前よりはるかに増加しました。

出典:経済産業省

巣ごもり生活により、ネットでの投票が普及し、業界の追い風になったと考えられます。
実際、中央競馬(JRA)の売上増加は、ネット投票の急増によるものでした。

新型コロナウイルスの感染対策で、場外馬券売り場「ウインズ」を休止したことなどが影響し、現金での馬券発売額は前年比25%の2174億円に急減したが、ネットでの発売額は前年から36%増加。2兆7753億円となった。

引用:朝日新聞|JRAネット会員、コロナで急増

売上増加の理由2.
ネットや電話での投票システムの普及

JRAのネット投票

2つ目の要因は、各公営ギャンブルの団体が、ネットや電話などで、手軽に投票できるシステムを導入していたことです。

実は、公営ギャンブルの売上増加は、コロナ禍がはじまるだいぶ前からすでにはじまっていました。

コロナ禍の巣篭もり需要という評価が誤りというわけではないが、そもそも近年はネット投票の普及が進み、どの公営競技も売り上げは上昇傾向であった。

JRAの場合も平成24年に2兆3943億だった発売金から前年比プラスが続き、プラスは令和2年まで連続9年目で継続中

引用:日刊SPA!|公営競技売り上げ爆増の理由はコロナ禍だけじゃなかった

2020年、無観客開催や場外販売場の発売停止を余儀なくされながらも好調だった理由としては、まず、競艇に限らずこれらの競技全てが、元々電話・インターネット投票を積極的に導入していたことが考えられます。

引用:経済産業省|近年最高の活況となった2020年の「競輪・競馬等の競走場,競技団」

場所や時間にとらわれずに投票できる基盤を整えていたからこそ、今回の売上急増につながったと考えられます。

関連記事

公営ギャンブルのネット投票サイトについて解説します。競馬、競輪、競艇、オートレースなどの公営競技でおすすめのネット投票サイトはどこなのか?お得に投票できるのか?をそれぞれ比較します。 ネット投票をしたい人は参考にしてください。 […]

公営ギャンブルのネット投票サイトおすすめ比較ランキング【2022年最新】

売上増加の理由3.
CMやホームページなどでの広報活動の成功

ボートレース公式CM

また、各公営ギャンブルの広報活動により、若者や女性も楽しめる競技というイメージアップに成功したことも、売上増加の要因の1つになりそうです。

  • 魅力的なCMの放送
  • 女性選手の積極的採用
  • 女子リーグの開催
  • 芸人やタレントを起用したYouTube番組
  • 子どもが楽しめる施設を併設した競技場

CM、ホームページ等での活発な広報宣伝活動や、若年層にも好感を持たれるような「ボートレース」への呼称変更、モーニング、ナイター等の時間差レースの充実、約9割の競走場で導入されているキャッシュレス投票など、従前から顧客層や利用機会の拡大に積極的に取り組み、成果を上げていたことも、さらに急上昇した要因かもしれません。

経済産業省|近年最高の活況となった2020年の「競輪・競馬等の競走場,競技団」

以上3つが、公営ギャンブルの売上増加の要因といえます。

それを裏付けるように、パチンコでは、売上減少が続いています。

パチンコは売上減少の傾向

公営ギャンブルと違い、店舗型のパチンコではインターネットを活用ができないため、巣ごもり生活が裏目に出た形となりました。

パチンコの売上推移

パチンコ利用者が、公営ギャンブルに移行した可能性も指摘されています。

監査人は、店内にいなければできないパチンコはコロナ禍では敬遠されるとし、「ギャンブルに魅力を感じる客層の一定数が、競輪へ移行した可能性は否定できない」と指摘する。

引用:産経新聞|活況の公営ギャンブル パチンコと明暗を分けた理由

ここからは、公営ギャンブルごとの売上推移と、売上が多い競技場をランキング形式で紹介します。

中央競馬の売上推移

中央競馬の売上推移

中央競馬の売上は、年々上昇しています。これもネット投票が普及していることが大きな理由だと考えられます。

中央競馬の売上推移
年度売上
20132兆4049億3351万3200円
20142兆4936億2772万9400円
20152兆5833億9186万9800円
20162兆6708億8026万1600円
20172兆7476億6248万4800円
20182兆7950億0830万4000円
20192兆8817億8866万1700円
20202兆9834億5587万2000円
20213兆0911億1202万5800円
20223兆2539億0707万6200円

2021年には3兆円の大台に乗り、その後も順調に増えています。これからも引き続き上昇していくのではないでしょうか。

※参考「JRA日本中央競馬会」https://jra.jp/company/about/outline/growth/pdf/g_22_01.pdf

中央競馬場の売上ランキング

中央競馬場は、競馬場ごとの売上は公開されていません。代わりにレースごとの売上が公開されていたので掲載します。

順位競馬場売上金額
1有馬記念521億5504万6600円
2東京優駿(日本ダービー)291億4509万0700円
3宝塚記念222億6132万2000円
4安田記念222億2911万9400円
5天皇賞(秋)221億5237万4100円

※参考「JRA日本中央競馬会」https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/

競艇の売上推移

競艇の売上推移

競艇は、公営ギャンブルの中でも特に売上を伸ばしている競技です。もともと少しずつ売上は伸びていましたが、コロナ時期から大きく売上を伸ばしています。

競艇の売上推移
年度売上
20139475億円
20149952億円
20151兆422億円
20161兆1111億円
20171兆2378億円
20181兆3727億円
20191兆5434億円
20202兆0951億円
20212兆3926億円

「競艇」から「ボートレース」に呼称を変えて定着させたことと、テレビCMを積極的に放送したことでイメージが変わり、新しい利用者層が増えたことが大きな要因と考えられます。

これからもこの勢いは止まることなく、盛り上がっていくことでしょう。

競艇場の売上ランキング

順位競艇場売上金額
1大村競艇場(長崎県)1759億4913万6100円
2住之江競艇場(大阪府)1575億6249万5400円
3蒲郡競艇場(愛知県)1546億217万9700円
4若松競艇場(福岡県)1498億4144万2900円
5丸亀競艇場(香川県)1485億1732万7700円

※参考「一般社団法人 全国モーターボート競走施行者協議会」https://www.motorboatracing-association.jp/info/pdf/fy2021_jo_sales.pdf?

競輪の売上推移

競輪の売上推移

競輪の売上はコロナを機に一気に上昇しました。

競輪の売上推移
年度売上
20136063億1027万7800円
20146158億8102万9300円
20156308億0527万0900円
20166345億9821万4600円
20176400億0620万9000円
20186541億1712万5300円
20196604億6055万5100円
20207499億9019万6400円
20219646億1344万7100円
20221兆907億7929万200円

いくつかの競輪場が閉鎖となってしまったものの、ミッドナイト競輪ガールズケイリンなど新しい取り組みが成功しました。

また、巣ごもり需要とネット投票との相性もよく、自宅にいながらも楽しめるギャンブルとして浸透していきました。

2022年には1兆円の大台にも乗り、これからもこの好調は続くと予想されます。

あわせて読みたい

ミッドナイト競輪の売上は近年伸びています。本記事でミッドナイト競輪の売上推移や売上増加の要因について、詳しく解説してみました。 ミッドナイト競輪の売り上げ推移(2010年度~2022年度) 年度ミッドナイト競輪売上金額[…]

ミッドナイト競輪の売上推移【2023年最新】

競輪場の売上ランキング

順位競輪場売上金額
1小倉競輪場(福岡県)478億9254万8300円
2平塚競輪場(神奈川県)345億4472万3000円
3岸和田競輪場(大阪府)331億9869万5800円
4西武園競輪場(埼玉県)331億9578万8100円
5青森競輪場(青森県)324億6336万7700円

※参考「公益財団法人JKA」https://www.keirin-autorace.or.jp/documents/www/public/koho_keirin/2023/keirin_180.pdf

関連記事

競輪場は全国で43ヶ所あります。本記事では、それぞれの競輪場の売上を比較して、ランキング形式で紹介します。参考にしてください。 競輪場の売上ランキング ここでは、競馬場ごとの売上ランキングを紹介します。2022年4月〜[…]

競輪場の売上ランキング

地方競馬の売上推移

地方競馬の売上推移

地方競馬の売上は年々上昇し、コロナをきっかけにさらに伸び続けています。

地方競馬の売上推移
年度売上
20133353億3044万1500円
20143879億0639万5590円
20154310億2738万3030円
20164870億0119万5900円
20175525億3925万6190円
20185620億1059万9380円
20197009億7169万1780円
20209122億8711万0460円
20219776億9378万8940円
20221兆0703億5968万3860円

競馬場での馬券購入から、ネット購入に移行したことで若者の新規競馬ファンが増えてきたようです。

2022年には1兆円の大台に乗り、今後もこの好調は続くと予想されます。

地方競馬場の売上ランキング

順位競馬場売上金額
1大井競馬場(東京都)1954億5723万6170円
2川崎競馬場(神奈川県)1063億2790万5000円
3園田競馬場(兵庫県)1012億7065万4500円
4船橋競馬場(千葉県)947億3960万7600円
5高知競馬場(高知県)946億0806万1600円

※参考「地方競馬情報サイト」https://www.keiba.go.jp/association/past_records.html

関連記事

地方競馬の売上はどこが一番高いのでしょうか。本記事では、地方競馬場ごとの売上をランキング形式でまとめました。 地方競馬の売上ランキング 令和4年度(2022年度)の地方競馬場の総売得金をランキング形式で紹介していきます[…]

地方競馬の売上ランキング【2023年最新】

オートレースの売上推移

オートレースの売上推移

オートレースの売上は、コロナをきっかけに大きく上昇しました。

オートレースの売上推移
年度売上
2013687億5432万8300円
2014668億1833万5100円
2015678億4959万4800円
2016654億1626万6300円
2017659億5313万2000円
2018704億4768万7200円
2019738億9166万6800円
2020946億4554万0800円
20211032億9495万2700円
20221075億4718万7700円

コロナまでは、売上の変動は大きくなかったのですが、ステイホームの時期から大きく売上を伸ばしてきました。

時間と場所を選ばず車券を購入できるネット投票の普及や、ミッドナイトレースの普及により売上が上昇したようです。

今後も好調が続くと予想されますが、2013年から2017年はしばらく停滞していたので、売上が落ち着く時期が来るかもしれません。動向はチェックしておきましょう。

オートレース場の売上ランキング

公開されている情報はありませんでした。

パチンコの売上推移

パチンコの売上推移

パチンコの売上はどんどん衰退してしまっています。コロナの影響も受けていますが、それ以前から年々売上は減少しています。

パチンコの売上推移
年度売上
20134兆6693億9300万円
20144兆4560億8000万円
20154兆1957億6800万円
20163兆7258億4500万円
20173兆5887億6900万円
20183兆4896億8300万円
20193兆4191億4600万円
20202兆5058億2800万円
20212兆4970億8200万円
20222兆5802億6500万円

理由としては、規制強化によって還元率が悪くなったり、館内全面禁煙といった、ユーザーが不満を抱く状況になってしまったことが考えられます。

また、競馬などの公営ギャンブルと違い、お店に行かないと楽しめないギャンブルなので、コロナの影響を大きく受けてしまいました。

2022年で若干回復していますが、多くのユーザーが公営ギャンブルなどに移行してしまっているので、今後の回復は難しいかもしれません。

宝くじの売上推移

宝くじの売上推移

宝くじの売上はだんだんと減少しています。コロナの影響を受けたというのではなく、それ以前から衰退しています。

宝くじの売上推移
年度売上
20129135億円
20139445億円
20149007億円
20159154億円
20168452億円
20177866億円
20188046億円
20197931億円
20208160億円
20218133億円

ネット販売やクレジットカード決済の対応の遅れによって、若者ファンが定着しなかったようです。

また、宝くじは還元率が低いこともあり、もっと当たりやすい他の公営ギャンブルに移行したユーザーもいるようです。

ただし、それでも多くの宝くじファンはいて、サマージャンボや年末ジャンボは当選を期待して購入する人も多いのではないでしょうか。

コロナ禍の巣ごもりのいい気晴らしとして購入する人も多く、徐々に売上は回復しているようです。

しかし、これからの売上額などの動向には注意が必要です。