競馬で勝てない理由6つ!勝てない時の対策も公開

競馬は万馬券的中で一気に富裕層の仲間入りができる夢のある公営ギャンブルです。しかし現実は甘くなく、実際には競馬でなかなか勝てない人も多くいます。

競馬で勝てない人には、必ず何かしらの理由があります。この記事では競馬で勝てない時に考えられる理由や勝てない時に取るべき対策について詳しく解説しているので、参考にしてください。

競馬で勝てない理由6つ

競馬で勝てない時には主に以下6つの理由が考えられます。

それぞれの理由について、より詳しくチェックしてみましょう。

控除率の観点からそもそも勝ちづらい

控除率の観点からそもそも勝ちづらい

競馬の還元率は賭け式にもよりますが70~80%です。

第八条 日本中央競馬会は、勝馬投票法の種類ごとに、勝馬投票の的中者に対し、その競走についての勝馬投票券の売得金(勝馬投票券の発売金額から第十二条の規定により返還すべき金額を控除したもの。以下同じ。)の額に百分の七十以上農林水産大臣が定める率以下の範囲内で日本中央競馬会が定める率を乗じて得た額に相当する金額(重勝式勝馬投票法において次条第一項又は第三項の加算金がある場合にあつては、これに当該加算金を加えた金額。以下「払戻対象総額」という。)を、当該勝馬に対する各勝馬投票券にあん分して払戻金として交付する。

競馬法

還元率が100%を下回っている以上、賭けたら賭けた分だけ運営側が儲かる仕組みにになっています。

もちろんうまく当たれば稼げることもありますが、基本的には勝ちづらく負けやすい公営ギャンブルであるということは最低でも理解しておくべきポイントです。

人気馬や人気ジョッキーばかりに賭けている

人気馬や人気ジョッキーばかりに賭けている

競馬で勝てない人は、人気馬や人気のジョッキーばかりに賭けているのも特徴的です。人気馬や人気ジョッキーばかりに賭けていても、オッズがあまり高くはならないので大きく稼ぐことはできません。

競馬では「大きく稼ぎたい」と考えている人も多いだけに、少しずつしか利益を増やせないのは大きなストレス要因となります。

するといつまでも満足できる配当を得ることができず、ひたすら馬券を購入し続けた結果、どこかで外して資金を減らしてしまうのです。

夢の大穴配当を狙いすぎている

夢の大穴配当を狙いすぎている

競馬では万馬券のような大穴配当を狙いすぎることも勝てない要因になります。そもそも大穴馬券はほとんど的中しないためです。

競馬では馬券が的中しない限り配当は得られません。つまり大穴を狙い続けると、ひたすらハズレが続いてどんどん資金が減ってしまうだけなのです。

上述した「人気馬を狙いすぎる」ということと並んで、極端な高オッズも頻繁には狙わないようにしましょう。ただし競馬が夢のあるギャンブルであることは間違いないので、「ここぞ」というタイミングの時には大穴を狙ってみるのもおすすめです。

これまでの損失額を1回のレースで取り戻そうとしている

これまでの損失額を1回のレースで取り戻そうとしている

競馬で賭けていると当然負けることもあります。ギャンブルである以上、負けることは仕方ありません。負けた時に注意したいのは、次のレースで損失をすべて取り戻そうとする行為です。

一度に損失を取り戻そうとした場合、高オッズに投票する、もしくは高額で投票する必要があります。しかし結局次の投票でも当たらず、損失がただ拡大してしまうだけということも少なくありません。

負けた時に焦る気持ちはよく分かりますが、「長期で見て利益を稼げればOK」というマインドで競馬に投票することが大切です。

筆者の実体験からも言えますが、急いで負けを取り返しに行こうとしてもいい結果になることはほとんどありません。

競馬場ごとの特性を理解していない

競馬場ごとの特性を理解していない

競馬で勝てない人は、各競馬場の特性をきちんと理解せずに馬券を購入しているという特徴もあります。

例えば東京競馬場は最後の直線が非常に長いことで有名なレース場です。直線が長い分、最後の最後で大逆転が生じることもよくあります。

つまり東京競馬場では、持久力がある競走馬なら十分に上位に進出できる可能性があるということです。

また中山競馬場(千葉県船橋市)は急勾配があるレース場として知られています。特に最後の坂道が急になっており、先行逃げ切りを得意とする競走馬が勝ちやすいのが特徴です。

その他にも日本各地の競馬場には、それぞれ異なった特性があります。あるレース場で圧倒的な強さを見せた競走馬も、レース場が変われば全くダメダメなレースに終わるということも珍しくありません。

各競馬場の特性を踏まえつつ予想を展開すれば、自ずと馬券の的中率は高くなるでしょう。

そもそもの投票用資金が少ない

そもそもの投票用資金が少ない

そもそも投票するための軍資金が少ないことも、競馬で勝てない人によく見られる特徴です。

例えば1000円しかない場合、多くても10口しか馬券を購入できません。外れてしまえば資金が尽きるので、当然次に挽回するための投票もできなくなります。

一方で高額の資金を入金しておくと、1回のレースで外れても資金が潤沢に残っているので次の一手を打つことができます。「ここぞ」という時には高額ベットもできるので、低オッズでも当たれば一気に高額の賞金を獲得することも可能です。

他のギャンブルと同様に、結局は資金力がある人が競馬でも勝てます。もちろん借金までする必要はありませんが、勝つ可能性を高めたいなら少しでも高額入金をしておくのがおすすめです。

競馬で勝てない時の7つの対策

競馬で勝てないと悩んでいる方は、勝てない理由に応じて対策を講じることが重要です。実際に競馬で勝てるようになるための7つの対策について、詳しく解説します。

還元率が高い単勝や複勝で賭ける

還元率が高い単勝や複勝で賭ける

確実に稼ぎたいなら還元率が80%単勝もしくは複勝で投票するのがおすすめです。

還元率が80%の単勝もしくは複勝で投票するのがおすすめ

特に複勝は3着以内に入れば賞金を得られるので、1回あたりの利益は小さいものの着実に利益を稼げます。「なかなか当たらない」という負のループに陥っている方も、一旦確実性の高い複勝で賭けて当たりの実績を作ってみるのもおすすめです。

ただし単勝や複勝はシンプルな賭け式である分、一撃で高配当を狙いたい人には向いていません。1回で高倍率賞金を目指すなら、3連複や3連単といった難易度の高い賭けに挑戦してみましょう。

事前に購入するレースを絞っておく

事前に購入するレースを絞っておく

競馬のレースは1日で何度も開催されますが、馬券を購入するレースは少数に絞っておくのがおすすめです。レースを絞っておくことで、選んだレースの情報収集のみに専念できます。

競馬ではどれだけ豊富な情報を得て予想に反映できるかも重要となるので、しっかりと情報を収集すれば的中率が高まることは間違いありません。

逆にレースを絞らずにとりあえず来るレースに賭け続けていると、どのレースの情報収集も不十分になってしまいます。すると結局多くのレースで配当を得られず、資金をどんどん減らしてしまうというのがよくあるオチです。

無料の予想サイトを活用する

無料の予想サイトを活用する

競馬において自分の予想に自信を持てない場合には、予想サイトを活用してみるのもおすすめです。

予想サイトでは専門家やプロフェッショナルによる予想が展開されています。有料サイトでも1日に数回のみ無料予想を閲覧できることも多いので、まずは無料予想だけを参考にしてみるのも1つの手です。

無料予想だけを参考にしてみる

各予想サイトは少しでも多くのユーザーに登録してもらいたいと考えています。

したがって無料予想と言えども、かなり高い精度を誇っていることは珍しくありません。予想サイトの登録時にもらえる無料ポイントの活用も含めて、予想サイトに公開されている予想に丸乗りしてみることも検討してみましょう。

関連記事

競馬で馬券の的中率を高めたければ、なるべく予想サイトを活用するのがおすすめです。この記事では馬券購入時に参考にしたいおすすめの競馬予想サイトを詳しく紹介しています。 「競馬で安定的に稼げるようになりたい」という方は、ぜひ参考にしてく[…]

競馬予想サイトおすすめ

予想サイトの有料情報には安易に手を出さない

予想サイトを利用する際に注意したいのは、有料情報には安易に課金すべきではないということです。

有料情報は安くても数千円、高い場合には数万円を支払う必要があります。しかし予想は必ず的中するとは限りません。高額を支払って有料の予想を購入しても、外れてしまった場合は自己責任です。

さらに的中しても情報料として支払った分には配当がつかないので、満足のできる賞金を得られない可能性もあります。

予想サイトによっては「週休100万円も可能」など、ついつい手を出したくなるPRをしているものもありますが、実際に有料情報に課金すべきか否かは慎重に検討しましょう。

有料情報に課金すべきか否かは慎重に検討

個人的には超大穴の馬券を購入したい時だけ有料予想を購入するのがおすすめです。

AI予想や予想屋は的中率よりも回収率を重視する

AI予想や予想屋は的中率よりも回収率を重視する

AI予想や予想屋の予想を参考にする際に注目すべき指標は的中率ではなく、回収率です。的中率は買い目を増やせば必然的に高めることができます。しかし買い目を増やしすぎると、的中しても結局トリガミになるというケースも珍しくありません。

予想を参考にする際は回収率に注目

したがって予想を参考にする際は回収率に注目しましょう。的中率が低くても回収率が100%を超えているような予想屋ならば、信用して乗っかってみる価値は十分にあります。

重賞レースよりも出走頭数が少ないレースが狙い目

重賞レースよりも出走頭数が少ないレースが狙い目

競馬と言えば重賞レースというイメージを多く持っている方もいるでしょう。しかし重賞レースは人気の買い目に多くの投票が集まるので、なかなか美味しいオッズにはなりません。

一方で出走頭数が少ない注目度低めのレースならば、あまり多くの投票が集まらないこともあって、人気馬や人気ジョッキーでもかなり美味しい倍率が設定されることもあります。

また出走頭数が少なければ、分母も小さくなるので必然的に賭けの的中率が高まるのも魅力です。

出走頭数が少ないレースは熱狂や盛り上がりに欠ける点は否めないものの、「勝ちやすさ」という点を重視するならば重賞レースよりも投票してみる価値があります。

なるべく締め切りギリギリまで投票しない

なるべく締め切りギリギリまで投票しない

予想を決めても実際に投票するのは締め切りギリギリまで待ちましょう。というのもレース直前になって天気が急変するというような可能性もあるためです。

適用されるオッズは結局すべてのベットを締め切った後に再計算されるので、ギリギリで投票をした方がお得に賭けることができます。

直前になって得られた情報が予想に役立つというようなケースもあるので、なるべく投票金言が来るまで情報収集を続けるようにしましょう。

ただしあまりにもギリギリになりすぎると、手続き完了前に投票期限が終了してしまう可能性もあるので、少しだけ余裕を持って手続きを行ってください。

1日に投票する回数には制限を設ける

1日に投票する回数には制限を設ける

競馬のレースは毎日開催されるので、わずか1日で大きく稼ぎ切ろうとする必要はありません。1日に何度も何度も投票していると、上述した通り十分な情報収集ができないこともあって、思うように稼げなくなります。

したがってなるべく1日の投票回数は1回、もしくは多くても3回程度に制限しておきましょう。投票回数を増やすのは、ある程度競馬で稼ぐためのコツを掴んでからでも遅くありません。

関連記事

競馬のネット投票サイトおすすめ比較3選。競馬のネット投票サイトはたくさん種類があります。正直、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、競馬のおすすめネット投票サイトを3つ紹介します。それぞれ特徴を確認して、自分に合うものを見[…]

競馬のネット投票サイトおすすめ比較5選