ウィンチケットの精算方法を徹底解説!

PR

ウィンチケットで車券を購入し、的中すると払戻金を獲得できます。そのままでは銀行などに出金されないため、精算をする必要があります。

本記事では、ウィンチケットの精算方法を紹介していきますので参考にしてください。

ウィンチケットの精算方法を徹底解説!

ウィンチケットの精算方法を徹底解説!

精算とは、ウィンチケット内の払戻金を銀行口座に出金することを言います。(ウィンチケットポイントは精算できません)

ウィンチケットの精算方法は大きく2種類あります。

  • 手動精算
  • 自動精算

手動精算は、精算したいときに必要な分だけ自分で行います。

自動精算は、毎日その日の終わりに精算するなど、自動的に精算してくれます。

払戻金が残っている場合、一定期間をすぎると自動精算できるように設定できるシステムのことです。

「自動精算」とは何ですか?|ウィンチケット

自動精算の場合は、精算する間隔も選ぶことができます。

  • 毎日精算
  • 月1回精算
  • 60日後精算

精算する時間は、23時40分以降に精算されます。毎日精算するか、毎月精算するか、60日後に精算するか、選びましょう。

ちなみに、最初は「60日後精算」が選ばれています。

ウィンチケットの精算方法を画像付きで解説

ウィンチケットの精算方法を画像付きで解説

ここでは実際のウィンチケットの精算方法を画像付きで解説します。

払戻口座の設定

まずは、精算する銀行口座を設定します。登録後は、未登録の状態のため自動精算されることはありません。

マイページの「払戻口座未登録」の部分をタップします。

払戻口座の設定

払戻口座の「口座を登録する」をタップします。

払戻口座の設定

払戻口座に登録したい金融機関を選択しましょう。「即時精算に対応している主要金融機関」を選択すれば、精算がすぐに反映されます。今回は「楽天銀行」を例に説明します。

払戻口座の設定

銀行の支店名を入力します。

払戻口座の設定

口座番号を入力し、「口座番号を確定する」をタップします。

払戻口座の設定

口座情報を確認し、問題がなければ「登録する」をタップします。

払戻口座の設定

ウィンチケットに登録しておいた4桁の暗証番号を入力し「確定する」をタップします。

払戻口座の設定

これで払戻口座の登録が完了です。

手動精算する方法

車券が的中して、払戻金を得られたら精算しましょう。ここでは、実際の画面を使いながら手動精算の方法を紹介していきます。

マイページの「精算」をタップします。

手動精算する方法

手動精算には2種類あります。「全額精算する」「金額を指定して精算する」を選びましょう。今回は「金額を指定して精算する」を例に紹介します。

手動精算する方法

精算したい金額を入力したら、「確認する」をタップします。1円から入力することができます。

手動精算する方法

表示された申請金額や、口座情報などを確認し、問題がなければ「精算する」をタップします。

手動精算する方法

手動精算が完了です。金融機関によって振込が反映される時間が変わるので、確認しておきましょう。

自動精算の設定方法

手動で精算するのではなく、一定の期間で自動的に精算する方法を紹介します。

マイページの「精算」をタップします。

自動精算の設定方法

「自動精算設定」をタップします。

自動精算の設定方法

3種類の設定方法が表示されます。どれか1つを選びましょう。

  • 「毎日」23時40分以降に自動精算
  • 「月1回」月末に23時40分以降に自動精算
  • 「60日後」払戻が生じた日から60日後に自動精算されます。

タップして「チェックマーク」をつけます。

自動精算の設定方法

ページ左上の「戻るマーク」をタップして完了です。

自動精算の設定方法

手動精算と自動精算はどちらがおすすめ?

手動精算と自動精算はどちらがおすすめ?

ウィンチケットの払戻金を精算するとき、手動精算と自動精算どちらがいいのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを紹介していくので確認しておきましょう。

メリットデメリット
手動精算・好きなときに精算できる
・1日に何回でも精算できる
・精算手数料はかからない
・手間がかかる
自動精算・手間がかからない
・精算手数料はかからない
・定期的に精算されるので家計管理しやすい
・賭けすぎを防ぐことができる
・自動なので、少額でも精算される

どちらを選んだとしても、大きなデメリットは特にありません。お好みの精算方法を選びましょう。

最初の設定では、「60日後精算」にされているので、そのままにしておいて必要なときに手動精算するのもいいかもしれません。

関連記事

ウィンチケットの評判を徹底検証!「怪しい」「使いにくい」などの口コミは本当なのか、実際の体験や、利用者の声をもとに調査しました。 ウィンチケットの悪い口コミ評判 ウィンチケットを実際に使った経験があるユーザーの悪い口コミを見て[…]

WINTICKET

ウィンチケットの精算方法に関するよくある質問

ウィンチケットの精算方法に関するよくある質問

ウィンチケットの精算方法に関するよくある質問をまとめました。参考にしてください。

精算はいくらからできる?

精算は1円から可能です。

精算手数料はかかる?

精算手数料はかかりません。また、1日に何回でも精算できます。

払戻金に有効期限はありますか?

有効期限はありません。

払戻口座を登録している場合は、払戻金を得てから60日後に自動で指定口座に精算されます。
払戻口座が未登録の場合は、払戻金を得てから60日後にポイントに自動でチャージされます。

ただし、ポイントになった場合は、180日間の有効期限があるので注意してください。

精算ができる時間は?

精算ができる時間は、0:30~23:40の間です。その時間内に精算するようにしましょう。

精算したらいつ口座に反映されますか?

即時精算に対応している銀行であれば、すぐに口座に入金されます。それ以外の銀行の場合は、それぞれの金融機関で差はありますが、営業日の14時50分までに受け付けた精算については、原則当日中に入金となります。

ウィンチケットの精算方法に関する注意事項

ウィンチケットの精算方法に関する注意事項

ウィンチケットの精算方法に関する注意事項がいくつかあるので確認しておきましょう。

即時精算に対応している銀行は9つ

即時精算に対応している銀行は9つ

ウィンチケットの精算方法で、即時精算に対応している銀行は以下の9つの銀行です。

即時精算に対応している銀行は9つ

これらの銀行であれば、精算申請をしたらすぐに反映されて、口座に入金されているので、すぐに精算したい人におすすめです。

銀行口座は変更可能

銀行口座は変更可能

ウィンチケットの精算をするとき、はじめに払戻口座を登録します。この払戻口座はいつでも変更可能です。銀行口座の変更が必要な場合は、以下の方法で変更してください。

マイページの「精算」をタップする。

銀行口座は変更可能

「払戻口座の確認・変更」をタップする。

銀行口座は変更可能

「変更する」をタップする。

銀行口座は変更可能

新しく登録したい銀行名をタップする。
あとは「払戻口座の設定」のやり方と一緒なので、参考にしながら変更してみてください。

もし、ウィンチケットの登録がまだの人は、公式サイトからアプリをインストールして始めましょう。
新規登録をするだけで、すぐに車券の購入に使えるポイントが1000円分もらえます。

/1,000円分プレゼント中\