公営ギャンブルは勝てない!絶対に勝てない7つの理由

公営ギャンブルは勝てない!絶対に勝てない7つの理由。公営ギャンブルは一攫千金の期待もありますが、基本的には勝てません。公営ギャンブルで勝てないのには明確な理由があります。

本記事では公営ギャンブルで勝てない理由、さらに公営ギャンブルで少しでも勝てるようにするためのコツを詳しく解説しているので参考にしてください。

公営ギャンブルが絶対に勝てない7つの理由

公営ギャンブルで勝てない理由としては大きく7つの点が挙げられます。具体的には以下の7つです。

それぞれの理由について、より掘り下げて詳しく解説します。

還元率が低いので賭ければ賭けるほど負ける

還元率が低いので賭ければ賭けるほど負ける

公営ギャンブルはいずれも還元率が低いのが難点です。具体的には以下の通り還元率が設定されています。

公営ギャンブル還元率
競馬70~80%
ボートレース75%
競輪70%
オートレース70%
宝くじ50%弱

還元率は投票金額に対して払い戻される割合のことで、高ければ高いほどプレイヤーに有利です。しかしいずれの公営ギャンブルも還元率は100%を下回っており、理論上は賭けたら賭けただけ負けるシステムになっています。

公営ギャンブルで賭ける以上は「プレイヤーは負け、胴元が儲かる仕組みになっている」という大前提は理解しておくようにしましょう。

当たる確率よりも外れる確率の方が高い

当たる確率よりも外れる確率の方が高い

公営ギャンブルでは様々な賭け式がありますが、いずれの賭け式も的中率より外れる確率の方が高くなっています。当然ですが公営ギャンブルでは賭けを的中させない限り、賞金を得ることはできません。最も理論上の的中率が高いボートレース(競艇)の複勝でも、的中率は33%です。

6艇だから当たりやすい

基本的には賭けても外れ続けることになり、どんどん資金を失っていきます。

情報やデータを収集せずに適当に賭けている

当たる確率よりも外れる確率の方が高い

公営ギャンブルで勝てない理由としては、何も考えずに賭けているということもあります。「一番人気だから」「ランキング上位だから」という安直な理由で賭けても、当たるとは限りません。例えば一番人気のレーサーや馬でも、雨の日だと極端に勝率が低いということも考えられます。

したがって実際にレースで投票を行う場合には、事前にしっかりと情報収集やデータ分析などを行うようにしましょう。公営ギャンブルの各投票サイトでは、実際の賭けに際して役に立つ情報が色々と公開されているので、参考にしてみてください。

実際の賭けで役立つ情報

オッズは胴元にとって美味しいように調整される

当たる確率よりも外れる確率の方が高い

公営ギャンブルの各レースで設定されるオッズは、必ず胴元が儲かるように調整されます。例えばオートレースで100万円分の投票が行われた場合、払い戻し金額の期待値が70万円(=100万円×還元率70%)になるようにオッズが調整されるということです。

オッズは胴元が儲かるように調整

オッズを調整することにより、運営側は必ず控除率分の利益を得られるような仕組みになっています。「ギャンブルは賭ければ賭けるほど負ける」と言われるのは、オッズが常に運営側に有利になるのが大きな理由です。

予想屋のカモになっている

予想屋のカモになっている

公営ギャンブルで賭ける際には、SNSなどの予想屋を参考にするという方も多いでしょう。しかし予想屋の中には、あえて自分の本命とは異なる投票を促しているものもあります。他の賭け式に投票させれば、相対的に自分の本命オッズを高められるためです。

もちろん善良な予想屋でも、あくまでできるのは予想までで、必ず的中させられるということはありません。予想屋を活用すること自体は否定しませんが、あくまでも参考程度に留めておくようにしましょう。

損失を無理に取り戻そうとしてさらに大きく負ける

予想屋のカモになっている

公営ギャンブルで負ける際に最もよくあるパターンが、負けた時の損失を埋め合わせるために無理に賭けてしまい、より損失を大きくしてしまうというケースです。人間の心理上、得たものの価値よりも失ったものの価値の方が高く評価してしまうため、損失発生時には「どうしても取り戻さなければ」という焦りが働きます。

損失回避性とは、損をすることに対して過剰に恐怖を覚える性質のことで、同じ金額であれば、利益を得る喜びよりも損をする苦痛の方が大きく感じられます。

引用元:マイナビニュース「プロスペクト理論って何ですか? 【今さら聞けないマーケティング用語】」

しかし焦った状態では冷静な賭けを行うことができません。実際に「あそこでやめておけば」という後悔をしている事例は多々見られます。「ギャンブルの負けをギャンブルで埋め合わせよう」とする考え方は、まさにギャンブル依存症そのものなので要注意です。

勝ってもさらに利益を求め続けて結局止められない

勝ってもさらに利益を求め続けて結局止められない

公営ギャンブルは勝ったら勝ったで問題もあります。ギャンブル中は脳内でドーパミンが大量に分泌されることにより快楽を得ており、「もっと勝ってより大きな快楽を得たい」と考えるようになるためです。

しかし上述した通り公営ギャンブルは基本的に負ける仕組みになっているため、より大きく勝とうとすると、結果的に勝利金だけではなく元々の資金すらすべて失ってしまうということになりかねません。「ギャンブルはあくまでも娯楽」と考え、間違っても「ギャンブルだけで生計を立てよう」などとは考えないようにしてください。

公営ギャンブルで勝つためのコツはある?

公営ギャンブルは絶対に勝てないわけではありません。実際に公営ギャンブルを通じて大きな利益を得ている人もいます。公営ギャンブルで儲けるためには、勝つためのコツをきちんと身に着けておくことが重要です。

絶対に的中する必勝法は存在しない

絶対に的中する必勝法は存在しない

ネット上やSNSでは公営ギャンブルの必勝法が紹介されることもありますが、公営ギャンブルは未来への事象に賭けるという性質上、必勝法は存在しません。勝つ確率を高めるための攻略法はあっても、必ず勝てる必勝法は存在しないことを理解しておきましょう。

有料で販売されている必勝ツールや攻略ツールに課金するというようは行為はもってのほかです。

必勝法はなくても負けすぎないためのコツはある

絶対に的中する必勝法は存在しない

公営ギャンブルで勝つために大切なのは、実は「負けすぎない」ということです。無駄に負けすぎなければ、ギャンブル依存症に陥る心配もなくなり、次回以降に挽回のチャンスを残すことができます。

公営ギャンブルで賭ける際には、以下の「負けないためのコツ」を頭に入れておきましょう。

必要以上に入金・チャージをしない

必要以上に入金・チャージをしない

大負けしないためには、無駄に入金やチャージをしないことが大切です。賭けるための残高が少なければ、その分大負けするリスクもなくなります。公営ギャンブルに投票する際には、必要最小限の金額だけを入金するようにしてください。

なお入金やチャージした後は、賭けを行わないと出金できないのが通例です。必要以上に入金やチャージすると、その分余計に賭けなければならなくなり、資金を失うリスクも大きくなります。

可能ならポイント(Pontaポイント・Tポイントなど)で投票するのがおすすめ

可能ならポイント(Pontaポイント・Tポイントなど)で投票するのがおすすめ

公営ギャンブルでは失っても痛くないと思える資金で賭けを楽しむと安全です。したがってポイントで賭けるといった方法はおすすめできます。例えば競輪とオートレースに投票できるWINTICKETではPontaポイントおよびTポイントでの投票も可能です。

ポイントの購入方法

また宝くじも、日ごろから宝くじを購入していれば宝くじポイントで券を購入できます。

宝くじポイントの使い方

さらに多くの投票サイトで利用できるDERUCAは楽天ポイントとの交換も可能です。ポイ活を通じてある程度ポイントが貯まっているならば、ポイントの利用も検討してみましょう。

クレジットカード・あと払いで投票しない

クレジットカード・あと払いで投票しない

多くの公営ギャンブルではクレジットカードや後払いオプションでの入金・チャージができます。しかしクレジットカードも後払いもいずれも借金をして公営ギャンブルに賭けていることと同じです。

少なくとも投票に要した金額分は1~2か月以内に返済する必要が生じます。賭けが外れたからと言って返済が免除されることはあり得ません。実際にちょっとしたクレジットカード入金などからギャンブルに狂い、どんどん借金が重なる借金返済地獄に陥ったという事例も多く見られます。

借金で入金した資金は「失っても痛くない」ではなく「失うと大問題」なので非常に危険です。健全に公営ギャンブルを楽しめるように、なるべく上述したようにポイントを利用したり、銀行振込により入金したりするようにしましょう。

賭けるのは最終レースのみにする

賭けるのは最終レースのみにする

公営ギャンブルは一日中賭けるチャンスが多くあるものの、実際に賭けるのは最終レースだけにしましょう。最終レースの結果がどうであれ、レース終了後は賭けができなくなります。

公営ギャンブルは勝つにしろ負けるにしろ、何度も何度も賭け続けることが資金を失う大きな要因となるだけに、無駄に賭けすぎない環境を自分自身で構築することが重要です。

万馬券・万舟券を狙わない

万馬券・万舟券を狙わない

公営ギャンブルでは一攫千金を夢見る人も多いでしょう。しかし万馬券や万舟券を狙っても、まったくありません。外れれば一銭の払い戻しも受けられないので、どんどん資金が吸い取られていくだけになってしまいます。

参考⇒万馬券とは?|JRA-VAN

「そもそも賭けが的中しないことには払い戻しを得られない」という公営ギャンブルの前提をしっかりと理解して、基本的には的中率が高い賭け式に賭けるようにしましょう。オッズが低くても、繰り返し的中させることで着実に資金を増やすことができます。

AI予想は意外と参考になる

AI予想は意外と参考になる

公営ギャンブルの各投票サイトでは、AIを活用したレース予想が利用できます。AI予想は過去の膨大なレースデータから最適な投票方法を教えてくれるというシステムです。

AI予想は割と当たることが多い

過去100万以上のレースデータをもとに作られた競艇予想の人工知能(AI)ポセイドンが、
レース結果の予想とオッズからオリジナル指数「海神指数」を算出し、買うべき舟券を教えてくれます。

引用元:競艇予想AI ポセイドン (poseidon-boatrace.net)

AI予想に関する口コミを調べてみると、「意外と当たる」などとかなり好評です。「自分自身で情報収集やデータ分析をするのが面倒くさい」と感じているならば、AI予想通りに投票してみるのも良いでしょう。

SNSやサイトなどの予想屋は参考にしない方が良い

SNSやサイトなどの予想屋は参考にしない方が良い

公営ギャンブルのレースに関しては、SNSや掲示板サイトなどでも様々な情報を得ることができます。しかしあくまでも素人の予想なので、鵜呑みにするのはおすすめできません。

中には自分自身の本命のオッズを高くするために、あえて別のオッズを推しているという場合もあります。また予想屋を参考にして外した時には、何も学びを得られないのもデメリットです。

まとめ

本記事では公営ギャンブルで勝てない理由、さらに公営ギャンブルで少しでも勝てるようにするためのコツを紹介してきました。

勝てない理由としては大きく7つの点が挙げられます。

  • 還元率が低いので賭ければ賭けるほど負ける
  • 当たる確率よりも外れる確率の方が高い
  • 情報やデータを収集せずに適当に賭けている
  • オッズは胴元にとって美味しいように調整される
  • 予想屋のカモになっている
  • 損失を無理に取り戻そうとしてさらに大きく負ける
  • 勝ってもさらに利益を求め続けて結局止められない

以上の点を意識して、公営ギャンブルを楽しんでくださいね。
負けすぎないように、この記事も参考にしましょう。

関連記事

当たりやすい公営ギャンブルはどれ?一番儲かるギャンブルを紹介。公営ギャンブルはいくつか種類がありますが、当たりやすさは異なります。本記事ではいくつかの観点から、特に当たりやすく儲けやすいと言われているギャンブルを紹介してみました。 […]

当たりやすい公営ギャンブルはどれ?一番儲かるギャンブルを紹介