競馬で後払いする方法

競馬のネット投票ならば、手元にお金がなくても後払いオプションを使うことで馬券を購入できます。この記事では競馬で使える後払いオプションや後払い利用時の注意点などについて、詳しく解説してみました。

競馬で後払いできるのはJRAダイレクトのクレジットカード入金のみ

競馬にはいくつかの投票サイトがありますが、後払いができるのは中央競馬のJRAダイレクトのみです。JRAダイレクトではクレジットカードでの馬券購入ができます。

地方競馬の投票は取り扱っていません。その他地方競馬の投票サイトはいずれもクレジットカードや後払いの馬券購入には非対応となっています。

つまり後払い(クレジットカード)で馬券を購入できるのは、毎週末に開催される中央競馬のレースのみということです。

JRAダイレクトとは

JRAダイレクトとは

JRAダイレクトは中央競馬の投票サイトです。JRA指定のクレジットカードを持っていれば、ネットから簡単に登録して、馬券を購入することができます。

JRAダイレクトで使えるクレジットカード

JRAダイレクトで使えるクレジットカード

JRAダイレクトの馬券購入に利用できるカードは以下のカードのみです。

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカード
  • 楽天カード

各会社が発行するカードのブランドは特に問われません。例えば楽天カードならばVISA、JCB、マスターカードのいずれのブランドも利用できるということです。

なお、どのカードを利用する場合もインターネットサービスへの会員登録が必要となります。

カードインターネットサービス
JCBカードMy JCB
三井住友カードVpass
UCカードアットユーネット
MUFGカードMUFGカードWEBサービス
DCカードDC Webサービス
NICOSカードNet Branch
楽天カード楽天e-navi

後払い決済カードは使える?

後払い決済カードは使える?

近年はペイディ、Kyash、キャリア決済など様々な後払いオプションがあり、カードタイプの後払いオプションも多くあります。しかしいずれもJRAダイレクトが指定する発行会社とは異なる会社により発行されているため、JRAダイレクトでの馬券購入には使えません。

強いてあげれば「みんなの銀行デビットカード(最大5万円まで立て替えて決済)」はJCBブランドのカードなので、利用できるとも言われています。

しかしJRAダイレクトの規定によりデビットカードの利用はできないと定められているため、みんなの銀行デビットカードでも馬券購入はできません。

JCBデビットカードでは、JRAダイレクトをご利用いただけません。

JRAダイレクト|はじめての方へ

JRAのカード支払いの入金可能額・手数料・入金回数

JRAダイレクトでのクレジットカード馬券購入について整理すると以下の通りです。

入金可能額1000円~10万円
※1か月の上限も10万円
システム手数料1回100円
入金回数制限なし

1つ注意したいのはJRAダイレクトでの入金時にシステム手数料がかかる点です。馬券購入回数が増えると、その分手数料負担も大きくなります。したがってなるべく少ない回数で一気に多くの馬券を購入するのがおすすめです。

競馬で後払いを利用する際の注意点

競馬の馬券購入方法として後払い(クレジットカード)を利用する際に知っておくべき注意点について、詳しく解説します。

配当の払戻しが受けられるのは月曜日

配当の払戻しが受けられるのは月曜日

JRAダイレクトのユーザーは即時払い戻しができず、土日のレースがすべて終了した後、月曜日になって銀行口座に配当の払い戻しが行われます。金融機関ごとの払い戻しスケジュールは以下の通りです。

金融機関名払い戻しのタイミング
三菱UFJ銀行月曜日の営業終了まで
三井住友銀行月曜日の営業終了まで
みずほ銀行月曜日の午前中
PayPay銀行月曜日の午前中
ゆうちょ銀行火曜日
その他金融機関月曜日の営業終了まで

すぐに換金したいなら「みずほ銀行、PayPay銀行」のいずれかがおすすめです。逆にゆうちょ銀行だと換金日は火曜日になるため、少し待つ必要があります。

払戻金はクレジットカードの引き落とし口座に支払われる

払戻金はクレジットカードの引き落とし口座に支払われる

JRAダイレクトからの勝利金払い戻し口座はユーザー自身が選ぶことはできず、クレジットカードの利用代金支払い口座が自動的に選ばれます。

土曜日と日曜日に的中した払戻金はまとめて、「クレジットカードのご利用代金お支払い口座」へお振込みいたします。

JRAダイレクト|ご利用について「払戻金は、いつどのようにして受け取るの?」

したがって払い戻し先の口座を変更したい場合には、カード会社に連絡をして口座振替の対象口座を変更する手続きを行ってください。

返済が遅れると信用情報が傷つく恐れがある

返済が遅れると信用情報が傷つく恐れがある

クレジットカードを使えば手元資金ゼロでも馬券を購入できますが、利用代金分は後日返済する必要があります。万が一返済が遅れると、信用情報が傷ついて様々な悪影響が生じることもあるので注意してください。具体的には以下のような悪影響が考えられます。

  • 利用代金に加えて遅延損害金も上乗せして支払う
  • 返済完了までカードの利用が制限される
  • カードの利用可能額が減額される
  • 新たにクレジットカードを発行しづらくなる
  • キャッシングやカードローンを使えなくなる

したがってクレジットカードで購入した馬券が的中した後も、全額利用するのではなく、必ず購入代金分は口座に残しておくようにしてください。