競艇で勝てない理由7つ!勝てない時の対策も公開

競艇は人気の公営ギャンブルですが、なかなか勝てずに苦しんでいる人も少なくありません。競艇で勝てない人には、勝てないなりの理由が必ずあります。

この記事では競艇で勝てない人に見られる理由、さらに勝てるようになるための対策について詳しく解説しているので参考にしてください。

競艇で勝てない理由7つ

競艇で勝てない理由としては主に以下のような点が挙げられます。

それぞれの理由について、詳しくチェックしてみましょう。

還元率の設定上、運営側が必ず儲かる仕組みになっている

還元率の設定上、運営側が必ず儲かる仕組みになっている

大前提として、還元率の観点から競艇では必ず運営側が儲かる仕組みになっていることを知っておきましょう。ちなみに競艇の還元率は75%です。

第十五条 施行者は、勝舟投票法の種類ごとに、勝舟投票の的中者に対し、その競走についての舟券の売上金(舟券の発売金額から第十八条の規定により返還すべき金額を差し引いたもの。以下同じ。)の額の百分の七十五以上国土交通大臣が定める率以下の範囲内で施行者が定める率に相当する金額を当該勝舟に対する各舟券に按あん分して払戻金として交付しなければならない。

モーターボート競走法

例えば1万円の舟券を購入した場合、理論上は7500円しか賞金を獲得できないということです。1回のレースでの勝敗は還元率通りにはならないものの、長く賭け続けていると確実に還元率通りの結果に収束します。

確率的には「競艇は負ける可能性の方が高い」ということをしっかりと理解しておきましょう。

大穴舟券を狙いすぎている

大穴舟券を狙いすぎている

競艇で投票する際は、「なるべく高額配当を狙いたい」と考えて大穴舟券を購入する人も多くいます。しかし大穴舟券は当たりにくいからこそ「大穴」なのであって、当たる可能性は高くありません。

競艇では結局的中しなければ配当をもらえないので、大穴舟券を狙い続けると、購入する度にどんどん資金がすり減る状態になってしまいます。

買い目を絞れていない

買い目を絞れていない

競艇で勝てない人には「いろんな買い目で投票しすぎている」という特徴もあります。恐らく「的中させるために幅広い買い目で購入している」という考えを持っているのでしょう。

しかし買い目を絞れていないと、せっかく的中してもトリガミ(購入金額が配当金額を上回る=損をしている状態)になってしまうリスクがあります。

例えば3連単の舟券をすべて100円ずつで購入すると、1万8000円の投票金額となります。しかし180倍以上のオッズが当たることはほとんどないので、ほぼ100%トリガミになってしまうというイメージです。

的中率だけではなく回収率も踏まえて投票しないと、競艇でなかなか勝てるようにはなりません。

レースを絞れていない

レースを絞れていない

競艇で勝てない人はどんどん色んなレースで投票しているという特徴もあります。ある程度投票するレースを絞り込めていないと、1つのレースに対して十分な情報収集ができません。

情報収集がおろそかになると、当然ながら的中率は下がってしまいます。競艇は1日で何度もレースが開催されるだけに、「どんどん賭けたい」という気持ちはわからなくもありませんが、あまりに多くのレースに賭けすぎると的中率も回収率も低くなってしまいます。

レース場ごとの特徴を理解できていない

レース場ごとの特徴を理解できていない

競艇のレース場は全国に24か所あります。

競艇のレース場は全国に24か所

各レース場には水質の違いなど様々な特徴があり、1つとして同じレース場はありません。そしてレース場が違えば、レーサーの得意不得意も異なります。

例えばランクが上位のレーサーでも、特定のレース場は不得意としており、思うような結果を残せないということも少なくないのです。

レース場での勝率

テレボート(競艇の投票サイト)の出走表画面では、今回のレース場におけるレーサーの勝率も確認できます。したがって買い目を選択する際には、レース場との相性も考慮して判断することで勝てるようになるでしょう。

時々全体の勝率に比べて特定のレース場での勝率が飛びぬけて高くなっているケースもあるので、舟券購入の際には注目すべき指標です。

天候の影響を考慮していない

天候の影響を考慮していない

競艇で勝てない人は、天候のことを考慮せずにオッズやレーサーだけを見て買い目を決めています。競艇は水上で行われるレースである以上、天候は大きくレース結果に影響することは言うまでもありません。

レースは天候に影響

例えば雨のコンディションならば、当然視界不良が生じます。すると転覆の可能性などもあるため、レース結果が荒れることもしばしばです。

また風向きもレース結果には大きく影響を与えます。追い風ならば助走距離が長くなるアウトコースのレーサーがスピードに乗りやすいのが特徴です。すると通常とは違い、アウトコースレーサー有利のレース展開となるでしょう。

天候の影響も考慮するならば

  • 晴天・穏やか→堅いレース展開を予想
  • 雨天・強風→荒れたレース展開を予想

といった具合で買い目を変えると、的中率や回収率を高められるはずです。

負けた時に慌てて高額ベットに走っている

負けた時に慌てて高額ベットに走っている

競艇に限らずすべてのギャンブルで勝てない人には、負けた時に慌てて高額ベットに走るという特徴があります。高額ベットで勝てれば問題ありませんが、現実はそんなに甘くありません。

実際には負けた後のベットは冷静さを失っていることもあり、結局損失を拡大させただけという展開に陥ることもよくあります。

「自分は大丈夫」と思っていても、脳科学や心理学の観点から、損失が出た時には一気に取り返そうとしやすいので注意が必要です。競艇はギャンブルなので、やはり負ける可能性もあることを考慮しておかなければなりません。

負けた時に一度に取り戻そうとするのは非常に危険な行為です。負けは負けとしてしっかりと受け入れて、長い目で見てプラスを出すことを目指しましょう。

競艇で勝てない人が知っておくべき基礎知識

競艇で勝てない人は、そもそも競艇に関する基礎知識を知らないということもよくあります。基礎知識と言えども実際の舟券購入時には役立つ知識ばかりです。具体的に知っておくべき4つの基礎知識について、詳しく解説します。

インコースのレーサーが勝ちやすい

インコースのレーサーが勝ちやすい

競艇ではインコースのレーサーが上位になりやすいというデータがあります。実際にレース場ごとのデータベースをチェックしてみても明らかです。

インコースのレーサーが勝ちやすい

もちろん天候の影響などによってレース展開は異なりますが、基本的にアウトコースのレーサーが上位に来ることはほとんどありません。「あまり何も考えずに競艇で稼ぎたい」と考えているならば、とりあえずインコースのレーサーを軸に舟券を購入するのがおすすめです。

モーターの性能も勝敗に大きく影響する

モーターの性能も勝敗に大きく影響する

レーサーが利用するモーターは、毎回のレースのたびに抽選で決められます。

ボートレース場には60機くらいのモーターが用意され、どのレーサーがどのモーターを使うかは節ごとに抽選で決まる。

BOATRACEオフィシャルサイト|用語辞典「モーター」

つまり愛用しているモーターでレースを走れるというわけではないのです。したがって性能の良いモーターを利用するレーサーほど、上位に進出しやすくなります。

モーターの性能を図るのにチェックしたいのは「連対率」です。2連対率は2着以内になった確率、3連対率は3着以内になった確率をそれぞれ表します。

モーターの性能チェックには連対率を見る

一般的には2連対率が40%を超えていると、かなり高性能のモーターと判断してOKです。

レーサーにはそれぞれランクがある(下剋上は起こりづらい)

レーサーにはそれぞれランクがある(下剋上は起こりづらい)

競艇のレーサーには4段階のランクがあります。

ボートレーサーのランク

A1が最上位、B2が最下位のランクです。競艇はコンディションさえ良ければ実力通りの順当なレース展開になりやすいという特徴があります。したがって下位のレーサーが下剋上により勝利するということはなかなか起こり得ません。

大穴を狙いたいという場合でなければ、基本的にはランクが低いレーサーは買い目に含めないのがおすすめです。

忖度や八百長が起こる可能性もある

忖度や八百長が起こる可能性もある

競艇の世界には忖度や八百長があるとも言われています。

k_o********さん
2022/1/7 14:28
2回答
競艇は凄い忖度があると思いませんか?松井がコースをとってスタート1艇も遅れても誰も行かない、凄い離れて皆んなが近寄らない。それを解説している人が、それが松井の強さだと言うがまるで説得力が無い、怖さが強さだと言ってる。忖度ではないと!
住之江の7レースビデオ見てください。

Yahoo知恵袋

有力者には逆らえない、お世話になっている先輩(師匠)や地元のレーサーに華をもたせたい、など様々な思惑があるのでしょう。会社において上司のご機嫌を伺わないと生きていけないのと同じようなイメージです。つまり最初から出来レースになっている可能性もゼロではありません。

どのレースで忖度や八百長が起こるのか素人には分かりませんが、一生懸命情報収集やデータ分析をしても、無意味になってしまう可能性もゼロではない点は注意してください。

競艇で勝てない時の4つの対策

「競艇で勝てない」と悩んでいる方は、勝てない原因を踏まえた対策をすることで勝てる可能性が上がります。具体的に実践したいのは以下4つの対策です。

それぞれの対策について、詳しく解説するので参考にしてください。

初心者は1日に1レースまでにする

初心者は1日に1レースまでにする

上述した通り色々なレースに投票しまくっても勝てません。舟券購入時に必要となる情報を十分に収集できないためです。特に初心者の場合は多くても1日1レースまでの投票に留めておくのがおすすめです。

1日1レースに限定しておけば、負けた後に慌ててベットしてさらに損失を拡大するというリスクもありません。

予想サイトの情報を参考にする

予想サイトの情報を参考にする

競艇の投票時に役立つ予想サイトも多くあります。予想サイトは専門家やプロフェッショナルによる予想を閲覧できるので、「自分の予想にはどうしても自信を持てない」というような時には活用してみるのもおすすめです。

ただしいくら成績が良い予想サイトでも、必ず的中するわけではないという点には注意してください。予想サイトの予想に乗っかって負けてしまっても、結局は自己責任です。

一攫千金狙いなら有料予想に課金するのもおすすめ

予想サイトを活用するのは、基本的に万舟券などの一攫千金を狙いたい時がおすすめです。堅いレースを予想するならば、わざわざ予想サイトの情報を有料で購入する必要はありません。

予想サイトの有料情報は安くても数千円、高ければ数万円を支払うこともあります。ある程度高いオッズの舟券を的中させないと、利益を得られないという点も踏まえて活用してください。

AI予想は的中率よりも回収率を重視する

予想サイトによってAI予想を閲覧できることもあります。例えばポセイドンというAI予想ツールは有名です。

AI予想を閲覧できる

AI予想は過去の膨大なレースデータを基にして最適な買い目を教えてくれるので、無策に舟券を購入するよりは勝てる可能性が高くなるでしょう。

AI予想はなるべく長期で利用することを前提にしつつ、「回収率」を重視するのがおすすめです。

回収率を重視する

回収率は「還元率」にも近い意味合いがあり、長く買い続けると回収率通りの結果に収まります。回収率が100%を超えていれば、長い目で見て着実に稼げるということです。

短期で大勝負をしたいなら予想サイトで公開されている専門家による情報、長期で安定して稼ぎたいなら回収率の高いAI予想を参考にするというスタイルがおすすめです。

なるべく高額の投票資金を入金しておく

なるべく高額の投票資金を入金しておく

競艇で勝つためには結局資金力が一番重要になります。

高額の投票資金があれば、万が一負けても取り返せるだけのチャンスが豊富にあるためです。もちろん借金までして軍資金を工面する必要はありませんが、長期で安定して稼ぎたいならばなるべく高額の資金を入金することも検討しましょう。

締め切り直前まで情報収集を怠らない

締め切り直前まで情報収集を怠らない

競艇の投票はレース開始の10分前くらいに締め切られます。時間に余裕があるならば、なるべく締め切り直前まで必要な情報を収集して、投票に反映させるべきです。

特に天候や風などは気象庁HPの気象レーダーなども活用しながら、ギリギリまでチェックしておきましょう。

投票可能期間には快晴でも、レース開始直前に雨が降り出して荒れたレースになることもあります。やはり徹底した情報の収集が、競艇で勝つための一番の近道です。

関連記事

競艇のネット投票サイトおすすめ3選。競艇のネット投票サイトは1種類しかありません。他の公営ギャンブルは何種類もあり、どれを選べばいいか迷ってしまいます。競艇の場合は、公式サイトの1種類のみなのである意味悩まなくて済みますね。 本記事[…]

競艇のネット投票サイトおすすめ比較5選