ギャンブルができる年齢は何歳から?学生や未成年はできるのか

PR

ギャンブルができる年齢を一覧にしました。
公営ギャンブルは20歳から、それ以外のギャンブルは18歳からできます。

ギャンブル年齢
競馬20歳以上
競艇(ボートレース)20歳以上
競輪20歳以上
オートレース20歳以上
パチンコ・パチスロ18歳以上
宝くじ18歳以上

ここからは、ギャンブルができる年齢について詳しく解説します。

公営ギャンブルができる年齢は20歳から

公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレース)ができる年齢は20歳からです。
これは法律で定められています。

競馬の年齢制限に関する法律

(勝馬投票券の購入等の制限)
第二十八条 二十歳未満の者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

競馬法第28条
関連記事

競馬の年齢制限について解説しています。競馬場の入場制限は何歳なのか?子どもや幼児でも入れる?何歳から馬券を買えるのかなど、法律で決められている年齢制限を紹介します。 競馬場の入場に年齢制限はない!未成年や子どもも入場OK まず[…]

競馬の年齢制限は何歳?学生や未成年はできる?

競輪の年齢制限に関する法律

(車券)
第九条 二十歳未満の者は、車券を購入し、又は譲り受けてはならない。

自転車競技法第9条
関連記事

最近、競輪などの公営ギャンブルのCMが放送されるようになり、若者も興味を持ち始めました。 実際に競輪は何歳から始められるのか、学生や未成年は競輪の車券を購入できるのか紹介していきます。 競輪ができる年齢は? 競輪[…]

競輪の年齢制限は何歳?学生や未成年はできる?

競艇の年齢制限に関する法律

(舟券の購入等の禁止)
第十二条 二十歳未満の者は、舟券を購入し、又は譲り受けてはならない。

モーターボート競走法第12条
関連記事

競艇(ボートレース)ができる年齢は20歳です。未成年が舟券を購入することは、法律で禁止されています。競艇は成人になってからしましょう。 競艇の年齢制限は、モーターボート競走法という法律で定められています。 (舟券の購[…]

競艇の年齢制限は何歳?学生や未成年はできる?

オートレースの年齢制限に関する法律

(勝車投票券)
第十三条 二十歳未満の者は、勝車投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

小型自動車競走法第13条
関連記事

最近、オートレースなどの公営ギャンブルのCMが放送されるようになり、スマホでも簡単に投票できることから、若者も興味を持ち始めました。 本記事では実際にオートレースは何歳から始められるのか、学生や未成年はオートレースの車券を購入できる[…]

オートレースの年齢制限は何歳?学生や未成年はできる?

つまり20歳にならないと、競馬・競輪・競艇(ボートレース)・オートレースのどの公営ギャンブルもしてはいけません。

20歳未満は公営ギャンブル禁止

20歳未満は、公営ギャンブルが一切禁止されています。

成人年齢が18歳以上になっても公営ギャンブルは禁止のまま

2022年に、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられましたが、公営ギャンブルは禁止のままです。

出典:成人(オトナ)になったらできること|伊丹市

成人年齢が引き下げられたからといって、勘違いをして公営ギャンブルを始めてしまうと罰則の対象になってしまうので気をつけましょう。

20歳未満が公営ギャンブルをするとバレる?

20歳未満だとバレるのか?

馬券や車券などを購入するとき、今では自動券売機になっているので、年齢確認されることはありません。
しかし、警備員が常に競技場内にいますので、20歳未満の人が馬券や車券を握っていると声をかけられ年齢確認される場合があります。

また、高額当選の場合は、窓口で換金するため、その時に年齢確認される場合もあります。

せっかく当たっても、それが無効になるだけでなく、罰則もついてきますので、絶対にやらないようにしましょう。

20歳未満だとバレたらどうなる?

20歳未満だとバレたらどうなる?

未成年が公営ギャンブルをすると、50万円以下の罰金が課せられます。

勝馬投票券の購入又は譲受けを禁止されている者であることを知りながら、その違反行為の相手方となつた者(その相手方が発売者であるときは、その発売に係る行為をした者)は、五十万円以下の罰金に処する。

競馬法第34条

実際のところは「警察に引き渡す」ケースは少ないようです。
しかし、ほとんどの場合は、警備員によって事務所に連れて行かれ、そこから親・学校に連絡が入ります。
そして学校では、停学や退学の処分になる可能性があります。

警察に引き渡されないとしても、重い処分になってしまうので、絶対にやめましょう。

また、馬券や車券を他人から買ってもらった場合、譲った人も50万円以下の罰金の対象になってしまいます。

要注意!こんな場合も違法です!

違法になる場合

大人に馬券を買ってくるよう頼む

親や先輩に馬券を買ってきてもらうように頼むことは禁止です。
この場合は、買ってきた大人側も罰則の対象になるので気をつけましょう。

拾った馬券で払戻しする

保護者同伴で見学のみであれば、未成年でも競技場に入場できます。しかし、その時に落ちていた当たり馬券などを拾って換金することは禁止されています。

偽の身分証を使用

公文書偽造罪となり重い罰則になってしまいます。軽い気持ちで、身分証を偽装して公営ギャンブルを楽しもうとすると、とんでもないことになってしまいます。絶対にやってはいけません。

公営ギャンブルは学生でもできる

学生でも20歳になっていれば公営ギャンブルを楽しむことができる。

公営ギャンブルは、学生(大学生)でも、20歳以上ならできます。

昔は、20歳を超えていても学生であると禁止されていたのですが、競馬・競輪・競艇(ボートレース)・オートレースそれぞれの法律で改定されました。

かつては投票券を学生・生徒が購入や譲り受けができない規定があった

(中略)

競馬法が2005年1月1日に、次いでモーターボート競走法が2007年4月1日に、最後に自転車競技法および小型自動車競走法が2007年6月13日にそれぞれ改正公布され年齢制限のみになった。

引用:Wikipedia|投票券(公営競技)

未成年(18歳から)でもできるギャンブル

公営ギャンブルはどれも20歳にならないとできませんが、以下のギャンブルは18歳からできます。

パチンコ・パチスロ

18歳からでもできるパチンコ・パチスロ

パチンコ・パチスロは、18歳からでもできるギャンブルです。

正確に言うと、パチンコ・パチスロはギャンブルではなく「遊戯」という扱いです。
ゲームセンターのゲームと同じ扱いになります。

ただし、高校生の入店を禁止しているお店もあるため注意しましょう。

また、18歳でも高校生の方は入店と遊技が出来ませんので注意してください。

引用:SANKYO
関連記事

日本では競馬や競艇などが公営ギャンブルとして認められている一方で、パチンコは公営ギャンブルとして認められていません。しかしパチンコで遊んでも逮捕されることはありません。 この記事では、なぜパチンコが公営ギャンブルとして認められていな[…]

パチンコが公営ギャンブルじゃないのはなぜ?違いと理由を解説

宝くじ

年齢制限はない宝くじ

宝くじをギャンブルと認識していない人も多いようですが、宝くじもギャンブルの1種です。
法律上、宝くじの購入に関して年齢制限はないので、誰でも購入することができます。

ただし、スポーツくじのtotoやBIGは、19歳以上でないと購入できません。

競技場に未成年(子ども)が入ることはOK

競技場(競馬場、ボートレース場、競輪場、オートレース場)に入場すること自体は、未成年でもOKです。

むしろ、子ども向けの遊び場やイベントが開催されていたり、授乳室なども設置されているなど、子連れの家族でも楽しめるようになっています。

まとめ

この記事では、公営ギャンブルができる年齢を紹介してきました。

成人年齢が引き下げられても、公営ギャンブルができる年齢は20歳からです。20歳になっていないのに、公営ギャンブルを始めてしまうと罰則の対象になってしまうので気をつけましょう。